ブログRSS

アンテナサイトRSS

サッカー番組の「トニー」お手柄、溺れた女性3人を救助 競輪2選手と協力し

[産経]サッカー番組の「トニー」お手柄、溺れた女性3人を救助 競輪2選手と協力し
http://www.sankei.com/entertainments/news/141001/ent1410010006-n1.html

 テレビのサッカー番組のコメンテーターとして知られる英国人タレントでデザイナーのトニー・クロスビーさん(52)=東京都品川区=と、競輪の坂本毅(42)、守沢太志(29)両選手=いずれも秋田県大仙市=が8月、秋田市の海水浴場で溺れた女性3人を救助していたことが分かった。クロスビーさんらは産経新聞の取材に「無我夢中だった。助けることができてよかった」と救出劇を振り返った。

 水難事故があったのは8月26日午後1時45分ごろ。秋田市の下浜海水浴場で、岩手県から来ていた18~19歳の女性3人が数十メートル沖で次々と溺れた。助けを求める声を聞いたクロスビーさんはビニールボートを持って泳ぎ、1人を浜辺まで抱えて運んだ。

 坂本選手と守沢選手が残る2人を水上バイクで次々救助。3人はドクターヘリや救急車で病院に運ばれたが、命に別条はなかった。

 クロスビーさんはデザイナーとして活躍する一方で、フジテレビ系で放送されていたサッカー番組「FOOTBALL CX」などに出演。現在もテレビなどで流暢(りゅうちょう)な日本語でサッカーや英国文化についてコメントしている。「リヴァプールより悪意をこめて」などの著書がある。

 現場では複数のメディアが取材したが、当時はクロスビーさんとは誰も気付かなかった。

 クロスビーさんはこの日、日本人の妻(49)の実家がある秋田に子供2人と一緒に来ていた。「沖に向かって走り、足が立たなくなってからは必死で泳いだ。ビニールボートを持っていたが、女性を乗せることはできず、ボートと女性を両脇に抱えて浜辺に向かって泳いだ。命懸けだったよ」と話した。

 さらに「浜辺に近付いたら警察官が来ていたけど、海に入ってこようとしないし、ぐったりしている女性に『住所は?』って聞いていた。日本の警察どうなってるの?」と毒舌ぶりを発揮した。

 競輪選手2人は、秋田県美郷町の六郷自転車競技場を拠点に各地のレースに出ている。この日は選手仲間3人と一緒に水上バイクに乗りに来ていた。

 坂本選手は9月16日に300勝を達成したベテラン。「水上バイクで駆け付けたら、女性3人が海面の下にいた。いつも来ている海水浴場に人命救助で恩返しができた」と語った。

 守沢選手は大曲農高から明大に進み、平成17年の岡山国体で成年男子ポイントレースで優勝。競輪選手になり、S級で活躍している。「自分も小さいころ、海で溺れて助けられたことがある。みんな無事でよかった」と喜んだ。


image


誰かと思ったらあのトニー・クロスビーさんでした。

image



69 コメント

  1. 1.

    「さんまの天国と地獄」に出てたトニーが天国(か地獄)行きを阻止

  2. 2.

    警察は恥を知れ

  3. 3.

    素直にカッコイイ尊敬する

  4. 4.

    この人確か若い時サーフィンしようとして5分で挫折したって本に書いてあった
    それが人命救助とはおもしろい

  5. 5.

    一人で救助に向かうのってリスク大きいんだよね
    本当に勇気ある行動だよ

  6. 6.

    グラサン姿はただのビッグウェーブさんかと思った。

  7. 7.

    セリエAダイジェストもフットボールCX、秋田じゃ放送してないはずだから知名度的には知らない人のほうが多そう。そもそも10年以上前の番組だし。

  8. 8.

    トニーは俺のサカつくでダメ外人を紹介してくれることしか印象なかったわ
    なかなかできることではない、素晴らしい

  9. 9.

    警察官は泳ぎの訓練受けていないから仕方ないよ
    しかしすげーおっさんだw

  10. 10.

    社会問題に近くないかな、警察の件。
    まぁ社会経験皆無で学校以外の人間関係しか知らないような奴でもなれんだから仕方ないのかな、玉石混交な事はどの世界でもしょうがないにしろ、石の質の粗悪さはやばい。
    職質や道案内の対応でも明らか。
    経験的に女性警官の方が初対面の緊張感を解きほぐすの上手い気がする。

  11. 11.

    トニーより守沢太志の名前をこんなところで見るとは思わなかったw

  12. 12.

    トニー格好いい
    なかなか出来ることじゃない

  13. 13.

    トニーやんけwwwwwww

  14. 14.

    3人の勇気ある行動素晴らしい。そして何よりみんなが無事に生還できたことがよかった!

  15. 15.

    次々と溺れたってなにそれこわい
    海って急に流れ変わってる所あるからそれかな

  16. 16.

    このお方に2002の埼スタvsスウェーデン戦の時にMan-Cityのマフラーして
    一緒に写真とって下さいとお願いしたら撮ったあとでRedsサポのトニーさん
    「ナンでこんなのつけてんだよー」言いながら
    水色のマフラー奪って地面に叩き付け靴で踏んでいただいた思い出w
    英国サポーター気質に感激し洗わないで大事にしてます

  17. 17.

    久しぶりに見たなトニー
    人命救助とはかっこいいな
    昔この人のデザインしたTシャツがネットで売ってたっけ
    迷った末買わなかったけど…

  18. 18.

    あの当時、フジの深夜帯番組は名番組揃いだったなあ。
    どうしてこうなったんや。

  19. 19.

    ※16
    その時代のシティのマフラーとは渋いですなぁ
    スン・チーハイとかいる前の時代かな

  20. 20.

    モテ男で陽気なイタリア人・ジローラモとドジで皮肉家のイギリス人・トニーの対比が面白いけど、海で溺れた人を救助したとは、恐れ入りました!

  21. 21.

    何故に秋田と思ったら嫁の実家とな

  22. 22.

    マンデーフットボールって終わった?

  23. 23.

    >ビニールボートを持って泳ぎ
    これが大事。
    ひと一人持って泳ぐのって意外と大変で泳ぎ下手な人なら即2次災害になりうるのに、よくやってださいました。ありがとう

  24. 24.

    ** 削除されました **

  25. 25.

    警察官はたぶん行ってたら2次災害だったんだろ、そんなもんだ
    自分も子供の頃に溺れた時、親父は遠くから見てるだけで泳ぎ上手などっかのおじさんが浮き輪持って救助に来てくれて助けられた派だ。下手な人は遠くから見てるのが1番だよ。
    とりあえず溺れた人がいたら浮き輪かボートを持ってからGO。
    相手は無理でも自分だけは助かって2次災害は防げたりするから

  26. 26.

    一方そのころジローラモは・・・

  27. 27.

    いい話だなー。

  28. 28.

    サムネイルがサンドイッチマンかと思いました。
    お盆過ぎて海で泳げるのはうらやましいと思いました。

  29. 29.

    ※8
    あれって条件満たせば質が上がるらしかったがめんどくてやらなかった思い出

  30. 30.

    警官が責められてるのは
    海に入らなかったことと言うより
    瀕死の女性に対して職質を始めた空気の読めなさだと思うの

  31. 31.

    ※23
    ほんと二次被害に遭わなくて良かった
    川なんかだと泳ぎに自信があっても危ないって言うしね
    単純に救助してすごい、えらいっていうだけじゃなくて、浮くもの持って行った機転こそ賞賛されるべきだな

  32. 32.

    二つ名みたいなのジローラモはナポリの種馬でトニーは何だっけ

  33. 33.

    ※32
    リヴァプールの怪童じゃなかったっけ。

  34. 34.

    トニーかく両方とも無事で良かった

  35. 35.

    懐かしい人な~のよ~。

  36. 36.

    あっぱれ☆
    誰かな思ったら顔見てわかった。
    そして守澤とか六郷の紹介をまさかここで見るとは!?

  37. 37.

    ** 削除されました **

  38. 38.

    トニーおもろかったな
    リヴァプールの選手を俺の~って連呼してたの思い出すわ
    俺のチチカマラとか言ってたなw
    チチカマラほとんど活躍しなかったけど。

  39. 39.

    トニー(^^)=b GJ ところで、救助のスキルのない警官が、海に何しに来てんの?

  40. 40.

    3人とも身を挺して救助したことは純粋に素晴らしいんだけど、競輪選手2人のコメントの方が見ていて気持ちいいな
    単純に問題点を指摘したつもりなんだろうから、「一言余計」とまでは言わないけど、日本人の「空気を読む」文化ってのはすごいなと改めて思う
    お巡りも出来る限り状況や事情を見極めて判断・対応してたはずだと思うよ

  41. 41.

    ※40
    俺はあなたのコメント見ていて気持ちわるいんで空気読む文化って別にすごくないと思いますね

  42. 42.

    最後の日本の警察官うんぬんは英国人特有の皮肉屋な言い回しだから
    あんまり正面から受けないで受け流せよ

  43. 43.

    今の中学生以下の年代はトニー知ってるんだろうか

  44. 44.

    外人ってだけでサッカー番組の仕事貰えてる人達か

  45. 45.

    トニーさんを誉めるのは結構なんだけど警察を批判するのはおかしいんだけどね
    ぐったりしている程度だったら普通に人定もするだろうし

  46. 46.

    デザイナーだったのかトニー

  47. 47.

    ** 削除されました **

  48. 48.

    デザイナーだったのか

  49. 49.

    水難救助は警察の仕事じゃないでしょ
    こういうの記事にするときは
    「~などと見当違いの批判をした」って注釈付けないと記者の見解も疑われる

  50. 50.

    マージーサイドの誇り

  51. 51.

    そういう状況で住所とかを聞いてるのは本当に住所を知りたいんじゃなくて
    意識がどの程度まで朦朧としているのかとかなんかそんな感じの事を
    確認するための質問なんじゃないかな?

  52. 52.

    誇らしい

  53. 53.

    セリエAダイジェストやってたころは俺のオーウェン情報とか言ってたなぁ、んであの頃のウッチーはマジで全盛期だった

  54. 54.

    京王閣に出場したら車券 でも買うか。

  55. 55.

    デブやから浮きやすいんやな。

  56. 56.

    救難のときは浮輪とか持って助けにいった方が良いのか… 泳ぐの得意だけど、そういうこと知らなかった。
    溺れてる人いたら、焦って猛ダッシュしてしまうから覚えておく!
    英国人的には普段通りの皮肉のつもりが、日本人記者には批判に聞こえたのかな
    命が救われてほんと良かったし、助けた人はカッコイイよ

  57. 57.

    トニーの奥さん秋田の人なのか
    秋田と入力したら明田と出てきたけど
    秋田で明田だと「みょうでん」と読ませる
    あーやちゃくちゃね
    秋田でトニーといえば2002年W杯で知っている人はいるんでないかな

  58. 58.

    「浜辺に近付いたら警察官が来ていたけど、海に入ってこようとしないし、ぐったりしている女性に『住所は?』って聞いていた。日本の警察どうなってるの?」と毒舌ぶりを発揮した。
    何処ら辺が毒舌なんですかね?

  59. 59.

    ネトウヨ魂がさわさわしてるコメに草

  60. 60.

    ※51
    朦朧としてる人の意識レベルを計るのに普通に名前を聞いたりするよね

  61. 61.

    「次々と溺れた」という状況、
    最初に溺れた一人を助けようとして近づいた仲間が、
    溺れている人に必死でしがみつかれて一緒に溺れてしまうパターンだろうか。

  62. 62.

    リバプールがCL優勝した時、電話越しにトニーが喜んでたのを思い出した
    懐かしいな

  63. 63.

    ※8
    同じく
    株爆上げですわ

  64. 64.

    ※59
    秋田に限らず日本海側の県では
    どこかの国の船が侵入してこないか監視しているみたいだけど何か?

  65. 65.

    基本は競輪選手の手柄じゃね

  66. 66.

    セリエAダイジェスト楽しかったなあ

  67. 67.

    飛車角抜きでもカッタノヨー

  68. 68.

    溺れてる人を助けるなんて凄いな
    よく溺れた子供を助けようとして一緒に溺れてしまって死ぬ人が居るけど
    溺れてる人って助けようとしても必死にもがいてたりして、なかなか助けられないし
    助ける方も超危険。ペットボトルとかの浮くものを投げ入れるくらいにしないと場合によっては助けられず自分も死ぬし
    それを顧みないで助けに行く覚悟がまず凄いわ

  69. 69.

    スティーブ小っ谷

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        人気のタグ

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ