ドメサカブログ

ブログRSS

アンテナサイトRSS

股関節痛で離脱していた北海道コンサドーレ札幌MF小野伸二が練習試合に出場 45分間で2得点に絡む

きのうのスポーツ報知によると、北海道コンサドーレ札幌のMF小野伸二が26日の練習試合に出場したそうです。
股関節痛でリハビリを続けていた小野選手、実戦復帰は昨年10月以来となります。


001


[報知]【札幌】小野復帰見えた、169日ぶり実戦「痛みなくできた」
http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170327-OHT1T50026.html
◆練習試合 札幌11―0札幌大=45分×3(26日、札幌・宮の沢白い恋人サッカー場)

 J1北海道コンサドーレ札幌MF小野伸二(37)が、半年ぶりの実戦で、復帰への手応えをつかんだ。小野は26日、札幌・宮の沢で行われた札幌大との練習試合に45分間、出場した。股(こ)関節痛を乗り越え、昨年10月8日のホーム・水戸戦以来、169日ぶりに迎えた今季初の対外試合で、視野の広さを生かした正確なパスから2得点に絡んだ。復活への第一歩を無事踏み出した小野が、公式戦出場へ向け、更なる状態向上を図っていく。

 真っ先に、喜びが口をついた。股関節痛を乗り越えて立った、昨年10月以来の実戦舞台。小野は「ここまでできる状態に体が回復したのはうれしい」と笑みを浮かべた。大声で仲間に指示しながら走り続け、「45分やったことが一つの手応え」と、今後につながる一歩となったことを強調した。



[小野伸二ブログ]久しぶりの⚽️
http://lineblog.me/shinjiono/archives/8328587.html

0



ツイッターの反応













43 コメント

  1. 後半からの切り札としてはまだまだ行けそうだしな。ベンチにいるだけでも変わる。

  2. 小野伸二ほんと好きだから応援してる

  3. ** 削除されました **

  4. 頼む、もう一花咲かせてくれ。

    俺にとってのシンジは香川でも岡崎でもなくお前なんだ!

  5. 7月のアウェー行く予定なので、せめて練習場でもいいから伸二の元気な姿を見たい。

  6. 小野伸二大好きだけど、もうコーチとして選手を支える側になって欲しい。

    怪我で毎年プランが立てられないし、魅せるプレーは健在だけど結果にはあまり影響しないし、枠を埋められてしまった生え抜きの若手が去っていくのも辛い。

    カズはいつでも準備出来ているから、批判も称賛も浴びる権利があるし、だから長く現役でいられるんだと思う。

    日本ハムもそうなんだけど、北海道はマスコミが人気者に頼りすぎて、道民が舐められ続けている。

  7. オノシンをあきらめない

  8. ※7
    オノシンギかな?

  9. ※8
    彼はFCじゃなくてマリノスだから…

  10. まだ無理しなくていいよ(´・ω・`)
    もう一週間ぐらい様子を見ようよ(´・ω・`)
    ね?

  11. 90分はもう難しいだろうなぁ・・・例え行けても次の週からまた離脱してしまいそうだ

  12. 小野のアクエリアスのCM大好きでした
    清水時代の弾丸ミドル、ワクワクしました
    シドニーで大活躍してるのを見て胸が踊りました

    小野はおじさんになった今も俺のアイドルなんだ、頑張ってくれ

  13. もうここ数年小野がまともにプレーしてるの見た事ない。しかも怪我で
    WSWの頃のようにもう一度返り咲くのは難しいんだろうな
    求められる限り本人が納得できるまでプレーする権利はあるけど
    そろそろ指導する側になってもいいんじゃないかと思う

  14. ※10
    もし小野が試合に出れる状態ならJ1のチームの中では組みやすしと見られがちな次節甲府戦で社長命令による出場がありそうだけど
    試合は盛り上がるし近年のコンサの試合見てたら間違いなく穴ができるから出てきた方が甲府側においしい要素が多いよ

  15. 多分早くてルヴァンの清水戦だと思うよ

  16. 使うとしたらラスト15~20分くらいかな
    どうしても点取らなきゃいけない時か、全体的に足が止まってオープンな展開になった時か
    スタメンで使うのは戦術的にもコンディション的にも無理でしょうね…

  17. 小野と稲本、二人がピッチに立つ姿が見たい。

  18. 小野は周囲を納得させるだけのものを見せてきたし今でも見せれる自信があるから現役なんだろう。
    コンサだってそれを認めてるから雇ってるんだろうし、契約が続いてる限り誰にもとやかく言われる筋合いはないよ。

  19. ※6
    道民が舐められてる?どこが?
    伸二は批判も称賛も浴びる権利が無いみたいな書き方だな
    全てが不愉快な奴だな

  20. 客寄せパンダの面は確実にあるけどそれが全ての理由じゃない
    道民がミーハーなのは単なる事実で別に舐められてるわけじゃないし
    なんか社長が極端な現場介入してるって妄想してるのがネットのあちこちに居るんだよね

  21. しんじ札幌ドームでゴール

  22. プレイさえしていれば天才なんだけどな
    怪我しない選手ってのは偉大。うちのタリーさんは本当に凄かったなぁ

  23. 怪我で離脱…指導者を目指そう←まぁ分かる
    怪我から復帰…指導者を目指そう←分からん

  24. あったかい地域のほうがいいのかなあ…オーストラリアにいた時のような活躍がみたい。
    ただ、まだ札幌でやることはあるはず。だからこそチームも契約してるんだろうし。頑張って欲しい。

  25. ※6
    札幌に加入した選手の一部は、小野と一緒にプレー出来ることが決め手の一つと語っている。
    選手としての小野がいなければ、加入していなかったかも知れない。
    外国人選手は、来日当初、日本のサッカーを舐めていたが小野のプレーを見て心を入れ替えたと語っていた。
    生え抜きの若手が移籍したのは能力が低いから。
    選手として成長するため、自らの意思で契約延長を断った選手も複数名いる。

    小野がいればメディアが注目し、収入が増え、チーム力強化に繋がる。
    今の戦力や強化費があるのは、野々村社長が小野を獲得したからだと思っている。

  26. 試合でしか判断しない人って多いよね

  27. 有能すぎて現場にも介入してるとか言われちゃう野々村誇らしい
    他サポの嫉妬も心地いいっす

  28. 煽りとかじゃなくて間違いなく今季中に再離脱すると思うがそれでもまだ現役続けるんだろうか

  29. 小野楽しみだな、見てて楽しいプレーしてくれるから、大好きだわ

  30. ケガ続きなことに対する批判があるのは当然だし十分わかる。
    でもそれでも大好きな選手なんだよな~。
    ピッチ上での輝きも、ピッチ外での人格も。

  31. 小野のことは大好きだ
    でも、同世代で同じく天才ともてはやされた俊輔や遠藤はまだJ1チームの大黒柱担えるレベルなのに
    小野はなぜこうも負傷ばかりになってしまったのか
    身体のケア方法をならった方がいいのかもしれん

  32. 練習試合に行けなかったけどテレビでプレーが観れた。今度は試合で観たいね。

  33. 全てはフィリピンのアイツが悪いんだ…
    小野を責めないでくれ…俺も辛い。

  34. 去年のアウェイ山口戦、現地メインスタンドで見てたけど伸二の出場がアナウンスされたとたんにメインスタンドだけでなく山口側のゴル裏からも完成と拍手が沸いたのをよく覚えている。
    そして回りの山口サポさんはこぞって試合そっちのけで彼にカメラを向けてたw

    やはり彼と稲本は日本のサッカーファンにとって特別な存在なんだと実感した瞬間。

  35. 今では私がおじいさん。孫にあげるのはもちろんヴェルタースオリジナル。 なぜなら、彼もまた、特別な存在だからです。

  36. ※31
    例の怪我が

  37. すごいなここのコメントたち
    今の怪我だけじゃなくて将来の怪我のことを心配して引退しろとか

  38. 未だに一番好きな選手もう一花咲かせて欲しい

  39. ※31
    アレがなけりゃもともとはケガとは無縁でタフな選手だったんだよ
    一度大きいけがをすると無意識にかばおうとして他の部位に不自然な負荷がかかるようになってしまう
    それは誰でも同じで心理面まで完全に克服するのは非常に時間がかかって難しいことなんです

  40. むしろ、「客寄せ」として油断していた連中の断末魔が聞きたくてしょうがない(ゲス顔)

  41. 小野出るなら見たい

  42. 去年5月の水戸戦で出てきた時みたいに
    ある程度こちらでボール持てて主導権持ってる状態なら生きるが
    今年そんなヒマが何分あるかというと

  43. 私も79年生まれだから、79年組の皆さんには頑張って頂きたい。
    練習試合で活躍する姿を見れるだけても幸せなんや…(坪井さんを思い出しながら

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ