ドメサカブログ

ブログRSS

アンテナサイトRSS

タイ大手放送局「TRUE VISIONS」が6月からJリーグのテレビ放送をスタート チャナティプの札幌移籍が後押しに

Jリーグは18日、今年6月からタイでJ1リーグおよびJ2リーグの放送を開始することを発表しました。
タイの大手放送局「TRUE VISIONS」とのパートナーシップで実現したもので、同放送局が提供するプレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、セリエAなどのラインナップにJリーグが加わることになります。



[Jリーグ公式]明治安田生命Jリーグ タイで放送開始!【Jリーグ】

https://www.jleague.jp/news/article/9220/
Jリーグは、この度、タイの大手放送局 TRUE VISIONS(以下、「TRUE」)にて、明治安田生命J1リーグ・J2リーグ のテレビ放送を開始することを決定しました。

本日18日に、タイ・バンコクにて放送開始を記念した記者会見が開催されました。アジア戦略を推進するJリーグにとってタイは非常に重要な市場であり、TRUEという強力なパートナーと組むことで、 多くのタイ国民にもJリーグを楽しんでいただけることとなります。

タイ代表の人気選手、チャナティップ ソングラシン選手の北海道コンサドーレ札幌への加入も既に発表され、タイでのJリーグへの注目が日に日に増していることも、今回の放送実現に大きな後押しとなりました。

【概要】
■放送予定試合:
明治安田生命J1リーグ(3試合/節)
明治安田生命J2リーグ(1試合/節)
JリーグYBCルヴァンカップ(年間20試合)
FUJI XEROX SUPER CUP

(以下略、全文はリンク先で)




01

03



会見には北海道コンサドーレ札幌への加入が内定しているチャナティプ・ソングラシン選手も参加していました。

02 04



ツイッターの反応



01












54 コメント

  1. コンサがタイで人気No1のクラブに!

  2. プレッシャー半端なさそうで当人には気の毒だけど何とかレギュラーを勝ち取って欲しいな

  3. 中田がセリエ行ったときみたいで夢があるよね

  4. 契約料のいくばくかが札幌に行ってもいいような貢献。コンテンツとして見てくれる地域が増えるのはjリーグにとってプラスしかない。

  5. こうやってアジアの多くの選手が目指すリーグになっていって欲しいね
    本国で人気のある選手獲得できたらチームにスポンサー付く可能性もあるかもだし

  6. 海外放映権はまだスカパーが持ってるんだっけ?スカパーからのサブライセンスってことでいいのかな?

  7. Jリーグの発展のためにもチャナティップの活躍とコンサドーレの躍進が期待されているんだよ。
    わかるね?(対戦クラブ各位

  8. ※5
    そういえば既にタイスポンサーウチについてるけどシンハービール飲んだこと無いな…

  9. リーグ全体の発展のために忖度を……

  10. 普段ならベルギーリーグなんて絶対見ない俺もダゾーンで放送されてる&久保が出てるから見てる
    華やかさだけでいったらJリーグは他のリーグと比べたら下位だろうけど自国の選手が出るなら俺と同じで見ると思う
    だから札幌で活躍してくれ!

  11. なんかJリーグここ数年で飛躍してるな
    喜ばしい

  12. 2013年のコンサドーレは、ビンがコンスタントに出るようになったこともあって11月の最終盤の2試合がベトナムで放映されたんだったな
    うち1試合はアウェイ岐阜戦だったので、岐阜さんに放映権料をお裾分けする形になったんだっけか

  13. 欲を言えばJ1J2だけでなくてJ3の鹿児島さんの試合も放映してくれないもんか

    せっかくチャナに先駆けてシティチョークが活躍してるのに(´・ω・)

  14. ※6
    2019年までJリーグの海外放送権はスカパーが握っている(年間3億5000万円らしい)。
    なんでスカパーから権利をおすそわけしてもらった(サブライセンス権を購入した)でOKだと。
    DAZNが10年契約を結んだ理由のひとつが2019年で切れる海外放送権狙いともいわれている。

    というか海外放送権は日本じゃフジや日テレに直接売ってるルヴァン杯やゼロックス杯も含まれているのか。

  15. Jリーグへの貢献で勝ち点+10くらいくれませんか・・・

  16. アジアのプレミアみたいになったらうれしいよね
    色んなクラブで東南アジア選手ブーム起こそうぜ

  17. タイはDAZN視ない人が多いの?

  18. これ札幌にはかなり多めに放映権配分してあげてほしい。そしたら他のクラブも本気になって東南アジア戦略に取り組むと思うからね。

  19. コンフォン帰って来ないかなぁ?

  20. アジアのプレミアが資金力的に中国なら、日本はアジアのリーガを目指そう。

  21. ※17
    今サービス提供されてる国が日本とドイツだけだったはず

  22. 分配金の比率はわかってますよねぇ??

  23. ここまでタイリーグで活躍する永里源気の話題なし。

  24. 雪に憧れを抱くタイ人と札幌の相性は観光誘致的にもピッタリじゃんよ

  25. パッと見た感じならチャナティプ通用しそうだけど、どうなんだろうね
    言語の壁が一番つらいとは思うが

  26. タイは東南アジアの盟主たい

  27. まじでチャナティップ楽しみだよー。
    コミュニケーションどうにかなればかなりいけそうじゃない?

  28. 札幌さんありがとう!

  29. 数年前なら「タイ人選手はJ厳しいだろうなぁ」と思ってたけど、近年の代表戦とACLを見てるとタイ人のレベルの高さに期待せざるをえない。

  30. チャナティップ楽しみだよ~札幌さんちゃんと使ってあげてね~

  31. 先のことも考えてちゃんとJ2も放送するんだな

  32. ※31
    鹿児島の昇格に備えてるのか

  33. 札幌さん誇らしい

  34. タイメッシ活躍してJを定着させてくれー

  35. チャナティップが活躍すればJリーグの価値が上がる
    意地でも残留しなくては

  36. タイの取材陣さんは、タイ語ゲーフラ持っていったらニコニコ顔で撮影してくれましたよ。
    映ったかどうかはしらんけど。
    挨拶程度の日本語と、片言の英語なら多分通じる。

  37. ブンデス方式で外国人枠なくせばこういう話は増えるだろ
    そうしてもらいたい

  38. ウズベキスタンでも放映してみません?

  39. 3試合のうち、1試合はうちになる?
    タイの王族にいい選手を買っていただきたい

  40. そういえばタイで吹き替え放映してる古い仮面ライダーがすごい人気で、
    藤岡弘、がスーパースター扱いらしいよ

  41. 在タイ者です。スカパーもダゾンも観れず、
    ネットラジオで中継聴いてる身としては、
    早く全試合放映して欲しい。

  42. 陽岱鋼といいそういう土地柄なのかね

  43. 札幌ちゃん、Jのためにも絶対こっち戻ってきちゃダメだぞ(泣きながら)

  44. 逆にタイリーグを見たいな

  45. ※24
    最初にチャナが来札した時は冬で、ニコニコ雪食べてて微笑ましかったよ。
    (札幌民には、その雪はあまり綺麗じゃないから止せ…と思いつつ)
    あのシーンが母国でニュースになって流れたのかな。

  46. Jが放映されるのは嬉しいな
    放映権で収入もそうなんだけど、各国で知名度が上がって注目されるようになれば
    選手も集まりやすくなるし、そうなると更にリーグのレベルアップが見込める

  47. 向こうでビール売れるようになると良いな
    シンハーよりエビスの方が美味いと思うよ

  48. 「6月からタイで放映開始! J1は3試合! チャナティップの移籍先であるコンサドーレはおそらく毎回対象試合になるよ!」

    なお6月頭からの対戦相手は神戸(8位)・鹿島(暫定5位)・柏(暫定4位)……

  49. これ、札幌にはチャナティップの出場契約とかありそうだな

  50. ※48
    なんと柏の試合がタイで放送されるのか!
    これは恥ずかしくない試合をせねば!

    ブリーラムの選手や関係者に見て欲しいな。
    みんな元気にしてるかな。

  51. タイ人の平均身長が日本より低いのもあると思うが
    なんでこう日本に来る東南アジアのスターはみんなチビなんだ

  52. チャナティップの契約っていつまでなの?
    来季のJ2落ちを見越したJ2中継の気がする

  53. ※35
    夕刊フジか東スポあたりが
    「タイに追い付かれたJリーグの顕著なレベル低下」
    という特集連載しだすと思う

  54. >52
    今年7月から1年半
    J2に東南アジアの選手がたくさん所属すれば、J全体が飛躍しそうなんだけどな

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ