ドメサカブログ

ブログRSS

アンテナサイトRSS

【ACL】鹿島アントラーズとラウンド16で対戦する広州恒大が中国の故事を用いて試合告知

あす23日に行われるAFCチャンピオンズリーグのラウンド16の第1戦で、鹿島アントラーズはアウェー中国で広州恒大と対戦します。

毎度おなじみになっている中国クラブの試合告知画像ですが、今回も広州恒大は鹿島アントラーズの「鹿」にかけてこんな告知を出してきました。



広州恒大公式サイト
http://www.gzevergrandefc.com/

0939kv


鹿死誰手



日本でも四字熟語になっていますが、中国の故事で、「鹿を誰が仕留めるかは分からない」転じて「天下を誰が治めるかは定まっていない」という意味。
後趙を建国した石勒という人の言葉だそうです。

この「鹿」というのが天下すなわちACL優勝を指すのですが、今回は鹿島アントラーズとの対戦ということで、ダブルミーニングに用いたようです。
さらに「手」の字がオフェンスのパターンを示していて、なんとも洒落た告知となっています。

しかし、鹿が殺されることを前提にした故事なので、うがった見方をすればアントラーズ戦の勝利は当然というニュアンスもあるような?
ここはひとつ、アントラーズに試合でやり返してもらって「鹿を逐う者は山を見ず」にしてやりましょう。


0939kv

124 コメント

  1. ほう、その煽りしかと見届けた。
    明日は勝つしかない。

  2. 鹿狩絶対阻止

  3. 向こうのこういう煽りほんとセンスいいよな

  4. 怪我人…(´・ω・`)

  5. 何を書いてるのかパット見わからないから煽りに見えない

  6. 競馬ファンは香港で日本馬が出走したら漢字四文字で独特な名前を付けられるんだけど、それが楽しみでしょうが無いって話がある。俺らももう一度ACLに出て、どう呼ばれるのかみてみたい!すごく洒落ている!!!

  7. 鹿 死

  8. アウェーゴール取って来てや

  9. 鹿鍋食欲

  10. こいつら毎回上手いこと言うよな

  11. 広州さん知ってる?
    虎(広州のマスコット)って強そうに見えるけど、鹿を捕まえる確率って10パーセントもないんやで

  12. で、日本側がやると問題になるんでしょ?

  13. とりあえずくくり罠仕掛けときゃいいんでねーの

  14. 記事読んでない奴ってすぐ話題逸らすよね

  15. この故事は知らなかった。塾行くか

  16. ※6
    桜大阪さんちーっす

  17. こういうのがあるから漢字文化圏ってたのしい

    でも明日は状況きつくても踏ん張る時なので負けません

  18. けしからんな

  19. 中原に鹿を追う、は知ってる

  20. ** 削除されました **

  21. ※9
    つ川崎(火鍋のタレ)

  22. すまんな。主力に怪我人多すぎて勝てる気せーへん

  23. ※9
    京都さん こいつ狸鍋にして食っちまおう

  24. センスあるな
    とりま、全日本チームがベスト8に上がれるように勝ってこい

  25. ** 削除されました **

  26. この故事は知らなかったな。「馬鹿」の故事は由来が今の使い方と違うのは知ってる。

  27. 大丈夫、もうすでにフラフラの満身創痍だ

  28. 鹿島は
    死に物狂いで
    誰が何と言おうと
    手にする勝利

  29. ※6
    競走馬の漢字表記は3文字や2文字もある
    モーリス満楽時
    ロードカナロア龍王など

  30. 鹿でした

  31. ※28
    ありがとう。
    心折れる寸前だけど明日応援がんばる。

  32. ※30
    うれしー乙

  33. 服入夢生
    父祝夢生

    相手は強いが頑張れ鹿島

  34. 鹿島は怪我人多くて不利かもしれんけどJの代表として精一杯闘って勝利してほしいわ
    もちろん浦和と川崎もね!!
    応援してますよ!

  35. 鹿さん頑張って!
    ウチらもまた広州や全北とまた死闘を繰り広げたいな…
    ウチらの時みたいな『こうどなじょうほうせん』はなかったのかな

  36. 石勒が建てた国は長持ちしなかったんだよな

  37. なめんな、既に死んどんねんぞウチ

  38. しかしてその実体は…

  39. 頑張れー!
    応援してるよ!

  40. いやこれはセンスを感じるわ

  41. エルゴラにCBの代役は梅鉢か、って書いてあったんだが…(;´Д`)

  42. 鹿さん達冗談でも「怪我人多いから勝てる気がしない」とか言うなよ
    こっちはACL出たくて仕方ないんだから

    必ず勝って帰って来いよ!ACLだけは全力で応援するからな!

  43. 天安門事件

  44. ここは金色で鹿と書いて返そう

  45. ちゅうかこれ鹿=中原・天下ってことだから
    鹿を倒した者がACLチャンピオンってことやろ。

    めっちゃリスペクトされてない?、世界二位で。

  46. 毎度頑張るねぇ
    うちのときはウルヴァリンだった

  47. こっちも四字熟語でやり返してやりたいね。
    食在広州(食は広州に在り)ならぬ、鹿食広州(鹿が広州を食べる)、とか。
    けが人多くて大変だけど影ながら応援しとります。

  48. ※41
    ついに梅鉢が最も活きるポジションを見つける時が来たのだ

  49. 気持ちは切らさず希望を残してホームに帰ってきて欲しいのだが…
    アウエーゴール取りに行かないと厳しいんだけど、西もヤスもいない右はボールを保持できないし左は土居が瀕死だし、MU&UMAで一発裏抜けしかないか

  50. ※48
    まだ秘密にしておくよ笑

  51. つまりアントラーズは中原の覇者だった?

  52. (勝つのは)トラだよ!

    シカでした

    って展開だろ?
    急増CBでもバリケードつくれば大丈夫

  53. ** 削除されました **

  54. 何が書いてあるかパッと見わからないって意味じゃ鹿といい勝負だなw

  55. 鹿狩りじゃああああああああ

  56. 既に死んだら件について

  57. 管理人さんの言い回し、粋な感じで好き

  58. .

  59. しっかしなぁ

  60. ブラックジャックが魔改造したみたいな鹿さんを期待していますよ

  61. うまいなあ
    でも、そんなのシカトして勝っちゃえ

  62. 聞くとこによるとスタメン奪取のチャンスだとか?
    金森鹿島初ゴール決めたれ!

  63. リーグに集中したい

  64. 面白かったから、鹿のことわざで調べたら
    秋の鹿は笛に寄る
    なんてのがあったw

  65. 今から奴らのしかめっ面が浮かぶわい

  66. 鹿の出てくる故事成語だと「鹿を指して馬と為す」が好き
    現代にも通じる教訓が含まれてると思う

  67. 鹿島は例え満身創痍で
    死に体だろうとも
    誰にも
    手懐けられねーよ

    応援してるよ、頑張ってな!

  68. 中原に鹿を逐う
    て言葉にあるように鹿は天下の象徴だからな

  69. やだこの煽りめっちゃカッコいい・・・

  70. だが鹿死

  71. 手がオフェンスパターンになっているのは良いんだが、これ、ボール保持者どこへ向かってドリブルしてるんだ……。

  72. 石勒か
    異民族の奴隷から皇帝まで成り上がった人だな。文盲だけど耳学問で知識を蓄えた人で
    今の東アジアに仏教が広がってるのはこの人が保護したらからでもある

  73. シャレシャレやな
    日本の電通じゃ絶対思いつかなそう

  74. ど-せ逆ならAFC制裁案件だろ

  75. 勝ちましょう 頑張れ!
    俺らは信じるしかない

  76. 五胡十六国時代って日本じゃあんま馴染みないけどアレはアレで面白い時代よね
    石虎の暴君っぷりとか淝水の戦いのわけわからなさ

  77. 高校世界史的には石勒よりも仏図澄のほうが有名だろうね

  78. 後趙って今の中国とまったく関係ないんだけどね

  79. 狩つしかない

  80. こっち見てるってぇ!こっち見てんじゃんこれ……デケえぞ、あれ! なぁんだ?
    こっち来てるって! 来なくていいって!
    こいつトラだよ!あれ トラだよ! マジ!?  光ってるよ。あれなんだ?本当にトラか? あれ
    トラだって あんなデッカイ猫いないって!万が一の場合はさぁ 
    オレちょっと……万が一の場合にバリケード作る!
    鹿じゃねぇの? トラかい本当に……!いや、でもね、鹿っぽいよ
    あ、鹿じゃねぇかwwwあれwwwww ほら、角みたいのがあんじゃん、耳か角かなんか長いのが……
    あっ 鹿だ  今僕はとらえました、角を
    シ カ で し た

    私はこのことわざが好き

  81. 普通に鹿島さんの方が強いよ。
    1st 広州0-2鹿島
    2nd鹿島0-1広州
    リアルにこれぐらいでしょ

  82. ※78
    それを言ったら国家成立時点で歴史と伝統を否定してるし
    韓国よりも新しい国が4000年の歴史とか矛盾しまくってる

  83. ※78
    うんうん、そういう無知丸出しなコメントはこれで最後にしておけよ?
    外で言ったら恥かくからな

  84. 今日のためにスカパー無料お試し使うのに、子供産まれるから嫁の実家行かな。

  85. ※63
    本当にそう思います。
    ※80
    貴方はとてもチャーミングーグーグ~

  86. 流石漢字発祥の国、センスある。

  87. ※35
    ありがとうございます。リーグ戦柏さん強いですね。そろそろ今年は来そうな予感が・・・お互い応援頑張りましょう。

  88. CBどうするの? 植田君かえってくるならいいけど

  89. ※42
    ありがとうございます。主審に味方して貰うしか・・・道は険しい。

  90. 鹿さんも、海豚さんも、赤さんもがんばれー!

  91. ※81
    ホームの負けが止まらないいいいww

  92. ※76
    あの時代の暴君っていうと石虎とか冉閔とか赫連勃勃とかなんだろうけど
    漢人群雄の苟晞が一番被害出してると思う。彼のせいで華北がペンペン草も生えない荒廃状態になって
    劉[王昆]が孤軍になって晋オワタという。劉[王昆]はもうちょっと知名度あっていいな。不屈の人だ。
    まぁ「先鞭をつける」の語源だからある意味抜群の知名度とも言えるが

  93. 虎かと思ったらパンダだったは上杉謙信の言葉だったような

  94. しかるべき結果(鹿島勝利)でおわるといいですね
    鹿島には期待してます

  95. あれは唐の魏徴「述懐」の「中原 還た鹿を逐い 」からきてる。

  96. 鹿さんなら勝てる!

  97. でもなあ、鹿って味覚がかなり鈍くて何でも食えちゃうから虎もうっかり捕まえられないね(ニッコリ)

  98. 鹿食腹壊、虎皮高売

  99. スタメン予想、安心と信頼の茨城新聞ではCBは三竿弟になってるね

  100. 鹿さん、勝っちゃって下さい

  101. 一瞬「ちょっと残酷系な鹿肉料理?」と思ったw

  102. 日本の3チーム、一緒に勝ち上がって楽しみ増やしましょ!
    鹿さんも勝つ!

  103. 鹿は鹿でもゾンビ鹿なんだよなぁ

  104. うーん、これは上手い煽りだ
    しかし、鹿の勝利を祈る!

  105. 鹿島はACLで優勝して欲しい。そんでリーグは中位くらいに甘んじて欲しい
    つか、曽ヶ端の方が守備絶対良いと思う

  106. ※80
    コンサドーレがACL出場して、マレーシアのチームと対戦するようなことになったら、ぜひコンサドーレサポのミスターと大泉(道連れ)にはブンブンに1週間ほど泊まり込んで現地観戦してほしい

  107. 広州の煽りっていつも面白いよな。
    懐かしい。

  108. この故事成語では鹿は天下の暗喩なので、つまり鹿の天下ということだ
    勝てたら「広州知道 天下是鹿」とでも煽ればよい

  109. 漢字の故事成語にすると何でもカッコよく見えるからずるい

  110. 鹿さんもてきとうに故事成語作って返しておけばいいんじゃないの
    勝鹿北斎とか

  111. つーか、勝つんだろ?
    俺らは 臥薪嘗胆なう

  112. 広州の煽りっていつもカッコいい

  113. 我勝鹿無!金森期待!

  114. 鹿島頑張れよ~応援してる!!

  115. シカトでいいよ、こんな挑発。

  116. 鹿さん!
    仕留めてねぇ!!

  117. 日本勢の強さを見せつけてくれ!

    俺たちも後に続く!

  118. 今年は、広州キラーこと、「俺達の高崎」いない訳だが・・・大丈夫!今年は「俺達の金森」がいる!!(`・ω・´)

  119. 手負いの鹿だからなあ

  120. 知良是神、優磨石仏!

    ていうか、試合開始えらい遅いのね

  121. 中国は全国同一の北京時間だが、西に行くと始業が遅くなるようだ。

  122. 中原に鹿を逐う

    この諺、忘れていたよ。
    中国では鹿は皇帝を意味するんだった。
    今は満身創痍ですが…

  123. 鹿島は
    死んでない
    誰にでも
    手を合わせてお願いするから次は勝たせて

  124. 石勒は字を書く事も読む事も出来なかった

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ