ブログRSS

アンテナサイトRSS

カマタマーレ讃岐が2018シーズン新ユニフォームを発表 瀬戸内海の波と選手の流動的な動きをイメージしたデザイン

カマタマーレ讃岐は19日、2018シーズンの新ユニフォームを発表しました。
ユニフォームサプライヤーは昨年までと同様アスレタで、瀬戸内海の波と選手の流動的な動きをイメージしたデザインとなっています。



[讃岐公式]2018シーズン ユニフォーム決定のお知らせ
http://www.kamatamare.jp/news/2018/01/2018-11.html
この度、カマタマーレ讃岐は2018シーズンのユニフォームが決定しましたので、お知らせいたします。

【フィールドプレイヤー】
カマタマーレ讃岐2018ユニフォームFP

【ゴールキーパー】
カマタマーレ讃岐2018ユニフォームGK

KS18_1_清水健太 KS18_10_高木和正

【ユニフォームコンセプト】
ユニフォーム上下のラインは瀬戸内海の波と選手の流動的な動きをイメージし、
交じり合うラインにはチーム・サポーター・地域が一体となって戦っていくという思いを込めています。

【ユニフォームスポンサー】
胸 部:株式会社レクザム
背中部:株式会社マルナカ
背中裾:株式会社潮製作所
左袖部:株式会社タダノ
パンツ部:株式会社百十四銀行
サプライヤー:ATHLETA(株式会社アスレタ)
(以下略、全文はリンク先で)








ツイッターの反応


















54 コメント

  1. 選手が流動的に移籍しちゃってるんですがそれは

  2. 茹でてる途中の麺かな?
    何にせよ喰わせろ

  3. ※2
    いつ何時でも信念が揺らがない蝗さんすこ

  4. めっちゃ好きコレ
    今年のNO.1

  5. 好きだわ

  6. インナーのせいかな?
    実際に着てる写真だとゴチャゴチャし過ぎてるように見える。
    インナー無い方が良いかも。

  7. カッコいいじゃねーか!

    と思いつつうどんを食う。

  8. 胸部装甲の厚い女性サポが着ると素晴らしいことになりそう

  9. アスレタはいつもかっこいいよね

  10. カッコいい!
    今年は全体的にユニフォーム当たり年だね

  11. 讃岐の黒ストッキングかっこええのよね
    足元が引き締まって見える

  12. 佐々木渉がモデルだと映えるな〜

  13. ※8
    高田桂先生に描いて頂くと映えそう

  14. 「夏に食べる、涼しげなざるうどん」
    のイメージ。
    きっと茹で終わって冷やしてるんだよ!

  15. 割と、ありそうでなかったデザインかな?
    そろそろホントにうどんっぽい柄が来るかも、とびびってましたが。

    蝗さん達は、渉くんの応援がてら、うどん食べに来まい

  16. アイデンティティあるし、すごく良い
    Jは青系ユニのクラブいっぱいあるけど、見事にデザインで讃岐は他と差別化できたね!

  17. 格好いいな。
    讃岐はユニデザインにはずれがないイメージ
    岡村は来シーズンも試合出れそうかな?

  18. あれ、神内ファームは???

  19. 2ndユニカッコいいすわ~!

  20. めちゃくちゃかっけえなこれ

  21. アスレタは自由度あるよね
    うちは今年からヨネックスどうなるか・・・

  22. おお瀬戸内海の波か!カッコいい!…と普通に思っていたのに、コメ欄読んだ後ではウマそうなうどんにしか見えなくなってしまった罠。
    今年もホームにお邪魔させていただきます。

  23. 瀬戸内海といえば
    白波が立たない凪のイメージで
    実際そんな日がほとんどなので
    無理矢理取ってつけた感が否めない。

  24. ※18
    去年、社長さんが亡くなって、社長が代わったから…かもしれないです。

  25. かっこいい 
    好き

  26. シミケンもすっかり讃岐の顔だな

  27. ※17
    経験の浅い若手を指揮するディフェンスの要としてやってくれることでしょう

  28. ※23
    自分は、観音寺の砂浜に打ち寄せる静かな波を思い浮かべましたよ。
    海水の綺麗さといい、砂の美しさといい、うどんの旨さといい(笑)、また行きたいです香川…

  29. 今年のNo.1キマシタワー!
    No.2は藤枝
    さて、奈良クラブがどう出るか楽しみです。

  30. あら、いいですね〜。
    ユニだけは他チームに目移りしてしまう。

  31. 今年も、購入しました。
    背番号は、無しですが…

  32. 何れのバージョンも配色に左右されず
    「つゆから箸で麺をつまみ上げるその瞬間」
    をとらえた食欲をそそる素晴らしいデザインですね

  33. 充電ちゃんの上司かと思ったら、ア「スレ」タなんですね

  34. 「興産」の方の穴吹が胸と思ったんだけどなぁ

    カマタマの最大の弱点は
    岡山とテレビチャンネルが同じだから
    ファジの露出の方が目立ってしまう事
    関西(+徳島)Jクラブと阪神との関係性に少し似ている

  35. 神内ファームはスポンサー降りたのかな?。

  36. ※32
    イラスト版のユニの皺らしき線がまた良い具合に箸っぽい
    実物にも箸描いたら良かったんじゃと一瞬思ってしまったw

  37. J2初年度みたいだともあるが、それよりもかなりかっこいい。
    胸スポンサー様変わったし、その時振りに買う。

    胸スポンサー様に敬意を表して、さぬきビールで乾杯だ!

  38. ※34
    平仮名あなぶきでファイブアローズと両方支えるのは無理ってなったら、ファイブアローズ側が死んでしまいます。
    無理したら漢字穴吹みたいに死んでしまいます。

  39. かっけー\(°Д° )/ 裏山

  40. 瓦斯の佐々木は急に練習後体調不良になり、その後もHPで経過を告知することもなく、シーズン最後の方でげっそりして帰ってきた後移籍だったから気になってはいた
    他サポながら理由は知らないけど、頑張って活躍して欲しい

  41. おーうどんさんの新ユニええやん

    ※23
    俺船乗り
    瀬戸内海でも風が強けりゃ普通にシケますよ
    開けてるところは特にね
    大阪湾、播磨灘、燧灘、伊予灘、周防灘
    シケたらなかなかおもろおまっせ
    まあ香川県近辺は陸地が迫ってるせいで相当強い風が吹いても大きなウネリにまではならないけど
    一面の白波になることは普通にあります

  42. これはいいなあ! 好き

  43. 好評で何より。あとはこのユニを将来のトラウマにせぬよう闘って生き残るのみ。

  44. 和正、ポニョってるな…

  45. これいいわ
    選手の姿が模様に溶け込む効果がある
    一種の迷彩だ

    うちは左右別色で正中線があるのと同じなんだよねぇ
    正中線があるユニは選手の姿勢がすぐ分かるから予備動作がバレるんだよねぇ

  46. ※28
    レスありがとうございます。
    観音寺の有明浜ですかね?
    よくご存知で。
    ぜひともまたピカスタにお越しください。
    その昔、大分と高松を結ぶフェリーありました。
    修学旅行でそれ乗って帰ってきました。

    ※41
    レスありがとうございます。
    自分は阿南生まれ阿南育ち、
    北の脇の荒波にもまれて育った者です。
    今、高松の海が見えるマンション住みですが、
    確かにたまに白波立つことあります。
    しかし、基本的には静かな海ですね。
    太平洋、日本海とは全く表情が異なります。

  47. コメ欄が好評で何より。
    選手がかっこよく着てるのを見れそうなんだけど、サポ席の人が着ると腹が強調されそうで…

  48. 素うどんからぶっかけうどんへ

  49. ユニもかっこいいが、新加入選手がイケメン揃いで二度見したw

  50. シンプル過ぎないユニフォームはやっぱイイね👍
    今年はメジャーメーカーであるナイキ、アディダス以外のメーカーが独自性を現してて目を引くユニフォームが多い。

  51. これはなかなかいいなぁ。

    ところで、うどんさんはツイッター担当変わったの?
    なんか微妙な小ネタ挟んで来ていて盛大に吹いたんだがw

  52. 今度の胸スポ、Rexxamって、スキーブーツのメーカだよな、とは知ってたけど。
    どっちかというと、プリント基板とか検査装置が本業っぽい。
    でもって、クラフトビールまでやってる。
    なんか、面白い会社だね。

  53. レクザム様は香川と岡山の人間には「地球掃除機の会社」っていう方が伝わると思います(CM感)

  54. フランス2部のル・アーヴルもそうだけど水色と青のカラーリングは清涼感あって好き

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        人気のタグ

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ