ブログRSS

アンテナサイトRSS

V・ファーレン長崎がDF髙杉亮太の契約満了を発表 「この7年間が少しでも力になれていたのなら嬉しいです」

V・ファーレン長崎は22日、DF髙杉亮太が今シーズン限りで契約満了となることを発表しました。
髙杉選手はクラブがJ2に参入した2013年に愛媛FCから移籍加入。主将を務めるなどチームを支えてきましたが、今シーズンは出場機会が減少していました。


player


[長崎公式]髙杉 亮太選手契約満了のお知らせ
https://www.v-varen.com/news/105567.html
V・ファーレン長崎(本社:⻑崎県諫早市/代表取締役社⻑:髙田明)は、契約満了に伴い髙杉 亮太選手と来季契約を更新しないことを決定いたしましたので、お知らせいたします。

髙杉選手のこれまでのクラブへの貢献に心より感謝いたします。
なお、髙杉選手の今後につきましては、決まり次第お知らせいたします。

【選手プロフィール】
名前 髙杉 亮太 (タカスギ リョウタ)
生年月日 1984年1月10日生(35歳)
ポジション/背番号 DF/4
身長/体重 182cm/71kg
出身地 山口県
経歴 高知高→明治大→FC町田ゼルビア→
愛媛FC→V・ファーレン長崎(2013年加入)

【髙杉 亮太選手コメント】
「長崎に来て7年、辛いときも幸せなときも全てが最高の時間でした。自分では見ることのできない多くの景色を見させてもらいました。それはV・ファーレン長崎に関わる方々、ともに戦った仲間、そして多くのサポーターの支えがあったからです。本当にありがとうございました。助けてもらったこのチームに自分が恩返しできたのかはわかりませんが、必死になってやってきたこの7年間が少しでも力になれていたのなら嬉しいです。

このクラブはとてつもないスピードで成長していますが、まだまだ支えが必要です。皆さんの熱い想いと力で「J1」、そして「世界」へ羽ばたくことを信じています。たくさんの熱い声援ありがとうございました。

V・ファーレン長崎とこの街が大好きです。
このエンブレムを胸にまだまだ戦えます。リーグ最終節、天皇杯勝ちましょう」




player2


ツイッターの反応
























38 コメント

  1. 1.

    まだまだ出来そうだし、好きな選手だからどこかでプレーしてくれたらうれしいな。

  2. 2.

    他サポからしたら、長崎の顔って選手でしたよ。
    少しでも力になれていたならなんて寂しい事言わないでくださいよ。

  3. 3.

    この時期はどこもこういうニュース多くなるから辛いね。

    お互いにとっていい別れ方ができるといいな。

  4. 4.

    長崎のためにチームのために戦ってくれてありがとうしかない。

  5. 5.

    やはり35歳が足切りラインなんだと実感

  6. 6.

    Vファーレンといえばスギ様というぐらい大事な選手
    もうホーム戦では観れないし、長崎の女子サポは悲しんんでいるだろうな

  7. 7.

    。゚(゚´Д`゚)゚。

  8. 8.

    スギ様は切ったらイカンと思ってる……

  9. 9.

    また35歳

  10. 10.

    ニンスタでよく足を滑らせて危なっかしいあのDFがなぁと思うと感慨深い
    まだやれるでしょ

  11. 11.

    思ったほどは試合出てないけどそこまで出てないって程でもないような

  12. 12.

    結構なショック

  13. 13.

    高杉はガンバでいったら遠藤みたいな存在だと思ってたよ…
    残って欲しかったけど年齢的に仕方ないのかもしれない。
    でも、淋しいな

  14. 14.

    愛媛でもMVP級の活躍をしたけど翌年怪我で出場機会が激減してクビになった選手。
    そして長崎に移籍して長崎の顔となって我が愛媛がまだ経験したことのないJ1でもプレー。
    愛媛では最大級の「見返し」を喰らわされた選手になるけど愛媛でもその端正な顔だちからとても人気のあった選手。
    近年 愛媛は愛媛から巣立った選手を再獲得する傾向があるからひょっとしたら再獲得あるかもね。愛媛は同じくベテランで愛媛の顔的存在の玉林を契約満了にしてしまっているから…。

  15. 15.

    J1デビューの日本人最高齢記録(34歳1か月14日)もってるんだよね

  16. 16.

    明日最終節
    早めに発表する事が高杉さんの為にもなる
    現役希望だろうからね

  17. 17.

    昨日からずっと落ち込んでる。
    サッカー選手である以上、いつかはこうなるとわかっていたけど、辛いもんは辛い。

    攻撃の時に「何故そこに杉様?!」って言われるくらい神出鬼没な反応スピードが代名詞
    守備の時は「残念!そこは杉様だ!」とそのスピードでよく防いでくれた。

    まだやれる。まだ見たい。継ぎなる縁を切に願ってます。

  18. 18.

    ウチに戻って来て下さい

  19. 19.

    長崎といえば高杉というイメージはある

  20. 20.

    去年の鹿島戦のゴールは凄かった、クロスだっただろうけど。

  21. 21.

    高杉選手、今まで本当にありがとう!
    つらい....

  22. 22.

    ワイルド系イケメンだから若く見えるけど、もうそんな歳なんだね……。

    でも、熱いキャプテンシーと守備の万能性からして、プレーオフ出場で補強計画が遅れるクラブは欲しいんじゃないかな?
    ひょっとしたら長崎よりステップアップしちゃうかもよ。

  23. 23.

    長崎で引退してほしかったな
    現役続けられるならそれが一番だけど…

  24. 24.

    キャラ的にも朴訥としてて個性あふれる選手だったなあ…
    長崎的には長年貢献度が高い選手だったから、引退後スタッフの線もあったんだろうが、本人が現役を望んだんだろうね
    前に長崎を辞める時が引退する時なんてことを言っていた気がするし

    まだまだ活躍できるしカテゴリー問わず頑張ってほしい

  25. 25.

    杉さま…
    契約満了なんですね…
    また一人お気に入りの選手がいなくなりました…
    さ み し い

  26. 26.

    ※15
    高木時代の長崎を象徴する記録ですよね、誇らしい勲章。

    去年の前ちゃんのときも色々と思ったけど…
    今シーズン、DMFやCBで苦労しているのを見ていて前ちゃんをもう1年でも残してたらなぁ…と思いました。
    来年、同じような後悔をさせないようにお願いします。
    そして…よくじゃれ合ってた翁長が心配。

  27. 27.

    J加盟以来出入りの多いクラブだから、別れには慣れてるつもりだけど
    杉様はショックがでかすぎる
    信じたくない

  28. 28.

    ヴィヴィくんが誕生して10年、成長を知る唯一の選手
    高木監督とともに激動の歴史を支えてくれて感謝しかない

  29. 29.

    関東2部からの成り上り
    うちは大卒が多いしこれから高卒生え抜きを育てていくうえでも、スギさんのようなストイックな苦労人を手放したらいかんと思うけどなあ
    もちろん1番の願いは現役続けてほしい

  30. 30.

    ちょっと由紀彦に似てるんだよね。
    女性ファンも多いでしょう。

    J2に昇格して、本物の佐藤由紀彦を徳島に連れてきてくれた事、忘れないよ。

  31. 31.

    杉様がいなくなるなんて(号泣)
    ベテランDF陣の一角を切ったということはバイスを戻すつもりなのかな。改革に痛みは仕方ないけど来年こそはまじで守備構築頼みます!

  32. 32.

    ニュース見ても実感わかなかったけどヴィヴィくんのインスタで涙がとまらん

  33. 33.

    切ってはいけない選手なんじゃないのかと思うけど前田、高木監督と切ってきた長崎だからしかたないのかな…
    今までたくさんの思い出ありがとうございました

  34. 34.

    杉様ありがとう!ほんとありがとう!
    おじさんさみしかばい

  35. 35.

    さすがにプレーに年齢を感じるし怪我も多い
    でも大砲に5年みっちり守備を仕込まれた経験は還元出来ると思う
    年1でゴールも決めるしどこかでプレーして欲しい

  36. 36.

    うちに帰ってきてください

  37. 37.

    入れ替わり激しいチームをまとめてくれていたと思う。いつかまた長崎に帰ってきてほしい。

  38. 38.

    ※31
    バイスは戻ってこない。長崎との契約切れるので徳島に完全移籍。

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        人気のタグ

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ