ブログRSS

アンテナサイトRSS

いわてグルージャ盛岡がドイツの強豪ドルトムントとのパートナーシップ協定締結を発表

いわてグルージャ盛岡は21日、ドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントとのパートナーシップ協定締結を発表しました。
ドルトムントがJリーグのクラブとパートナシップを結ぶのはこれが初とのことです。



[盛岡公式]【クラブ】ボルシア・ドルトムントとのパートナーシップ協定締結のお知らせ
https://grulla-morioka.jp/tab09_club/news-018/
このたび、いわてグルージャ盛岡は、ブンデスリーガのボルシア・ドルトムント(以下、BVB)と、トップクラスの育成部門への発展とアカデミー選手およびスクール生に対するサポートを主目的としたパートナーシップ協定の締結が決定いたしましたのでお知らせ致します。

なお、本日16時より盛岡市内にて本パートナーシップ協定締結に関する記者会見を行います。記者会見の模様は追ってご案内いたします。

<業務提携契約 概要>
■ボルシア・ドルトムントについて
世界屈指のトップクラブチーム
ドイツはFIFAランキングで常にトップクラスに位置する、言わずと知れた世界を代表するサッカー強豪国。ボルシア・ドルトムント(以下、BVB)は、そのサッカー大国のプロサッカーリーグ「ブンデスリーガ」で確固たる地位を築き上げています。

強さの秘密は選手育成にあり
世界最高峰のクラブチームへと登り詰めた要因の一つが、「選手育成」にあります。 BVBはブンデスリーガの中で最も「育成」に成功しているチームと評されており 、国内外のトップリーグへ多数のスター選手を輩出し続けています。もちろん、BVBのトップチームで活躍している選手にも下部組織・アカデミー出身者が数多くおり、中でもマリオ・ゲッツェ選手やマルコ・ロイス選手、マルセル・シュメルツァー選手はドイツ代表としても活躍。 BVBの強さの根源は、「幼少期からの育成」 にあります。

■BVBにおける本パートナーシップ協定に関するコメント
Bundesliga giants Borussia Dortmund and Japanese Football club Iwate Grulla Morioka have forged a 3-year partnership today.
With help and guidance from BVB, the Japanese club aims to develop the best youth academy and young players in Japan.
ブンデスリーガクラブのボルシア・ドルトムント(以下BVB)は本日、日本のサッカークラブであるいわてグルージャ盛岡と3年間にわたるパートナーシップを発表した。
BVBのサポートを受け、グルージャは日本におけるトップクラスの育成部門への発展と若い選手の育成を目指す。

BVB aims to share their knowledge of developing a youth academy on a global level and have initiated similar collaborations in Singapore, Australia, Malaysia, Thailand, China and India.
BVBはグローバルレベルで自らが持つユースアカデミーの知見を広めることを目指しており、シンガポール、オーストラリア、マレーシア、タイ、中国、インドで同様のプロジェクトを実施してきた。

Iwate Grulla Morioka President Satoshi Miyano highlighted that “BVB is a club with rich history, honours and owns one of the the best youth academy in the world.
We are a young club and would like to learn the philosophy and the BVB way of playing football, We really believe in a fruitful partnership.”

いわてグルージャ盛岡の社長である宮野 聡氏:「BVBは長い歴史を持ち、世界でもトップクラスの育成部門を持つクラブ。私たちはまだ若いクラブでBVBからサッカーに対する考え方や哲学など、多くのことを学びたい。このパートナーシップが実りあるものとなることを信じている」

Benedikt Scholz Head of International and New Business, said: “It is fantastic that we are partnering with Iwate Grulla Morioka as we already have a great partnership with NOVA DSA Football academy which are also the same owners of the Japanese club. We are pleased and proud to extend and welcome another member to the BVB family.

BVBの国際事業・新規事業部長であるベネディクト・ショルツ:「いわてグルージャ盛岡のオーナーであるNOVAホールディングスとBVBは既に日本におけるサッカースクール事業でパートナーシップを結んでおり、今回このような形でいわてグルージャ盛岡とパートナーシップを結ぶことができることは非常に素晴らしいことであり、いわてグルージャ盛岡を新たなBVBファミリーに迎えることができるのを非常にうれしく思う」

BVB Asia Pacific, Managing Director Suresh Letchmanan further echoed that “Youth development is one of the key pillars of our club and we are delighted that we can leverage our knowledge with another Asian club like Iwate Grulla Morioka and create opportunities to make alternative steps forward.”
BVBアジアパシフィックのマネージングディレクターであるスレシュ・レッチマナン:「ユースディベロップメント(育成強化)は我々クラブにとって重要な部分であり、今回いわてグルージャ盛岡という新たなアジア地域のクラブとの提携を通じて、その知見の共有をさらに進めることができることを喜ばしく思う」
(以下略、全文はリンク先で)



同日行われた記者会見の様子はクラブ公式サイトに掲載されています。

[岩手公式]【クラブ】ボルシア・ドルトムントとのパートナーシップ協定の記者会見を行いました
https://grulla-morioka.jp/tab09_club/news-022/



いわてグルージャ盛岡の親会社になったNOVAホールディングスは、2017年にドルトムントと日本国内におけるサッカースクールのライセンス契約を結び、「ドルトムント・サッカースクール」を展開。
今回の提携もその流れからのもので、NOVA効果がさっそく表れたことになりました。


01


関連記事:
いわてグルージャ盛岡とNOVAホールディングスが会見 「来季はJ3で優勝を争える編成ができるようサポート」
https://blog.domesoccer.jp/archives/60136613.html


※情報提供ありがとうございました。


ツイッターの反応




















88 コメント

  1. 1.

    何を怖がってるんだ!

  2. 2.

    キヅール黄色バージョンくるか

  3. 3.

    大垣君むっちゃヘディング上手くなって渡ドイツしてまうん???

  4. 4.

    盛岡が日本のドルトムントになるんだね。

  5. 5.

    さよならドルトムント

  6. 6.

    こうなると近隣クラブがシャルケと提携するの見たい。八戸あたり?

  7. 7.

    ※1
    おたくの提携先の名前にだよ!

  8. 8.

    ・Wovor hast du Angst?
    ・Kämpfe als Profi
    ・Lass uns zusammen gehen

  9. 9.

    漢ムント

  10. 10.

    どうやったらこんなビッグクラブと提携できるんだ・・・

  11. 11.

    全員で(ゲーゲンプレス)行くぞ!

  12. 12.

    これが「あの漢・ドイツ編」の始まりだった…

  13. 13.

    真面目に盗むもん盗んで、ビッグクラブになってどうぞ

  14. 14.

    盛岡さんには失礼だが、ドルトムントにメリットあるんか?、、、

  15. 15.

    パートナーシップって言っても姉妹都市みたいなもんで実益はないんでしょ

  16. 16.

    キヅール移籍か!? あのマスコットはBVBも衝撃受けただろうなー
    ウチもチャント繋がりでチェルシーと・・・社長おねしゃす!!

  17. 17.

    絶対昇格してくれー!色摩君みたいんじゃー

  18. 18.

    黄ヅールくるの?

  19. 19.

    これは面白いな
    がんばれー

  20. 20.

    「どこと組むと?」
    「ドルトムント」

  21. 21.

    ※14
    そうやって馬鹿にしてて気づいたら入れ替わってる事だって十分にあり得るんやで

  22. 22.

    これはほんとにNOVA案件だった、すごい
    キヅールが黄ヅールに

  23. 23.

    うちもこれくらいの仕事せえよ…(ため息)。
     
    キヅールだけでなく、福田パンもドルトムントに広めてみたらどうかと。

  24. 24.

    CFGのように経営に参画するタイプ…じゃない提携って、実際どうなんだろう?
    ウチもオサスナと提携してるけど、何か実益を得ている実感が無いんだよね

  25. 25.

    日本の秘密兵器を送り込むときが来たな。
    街行くドイツ人が二度見して度肝を抜き、マスコット製作の担当が「また日本にやられた!」と悔しがる姿が目に浮かぶ。

    いけ!キヅール!
    奴らにこれが本当のクールジャパンであることを見せつけてやれ!

  26. 26.

    ※21
    バカにしてる訳じゃなくて素直な疑問でしょ
    うちのフロントはなんもしねえからなぁ…羨ましい

  27. 27.

    ユースの強化は三年間じゃ短いけど
    これを機に良い選手が入ってくれるといいな

  28. 28.

    トップチームに選手を貸してくれるなんてことは今のところないけれど、ユースのコーチを派遣してくれてるから北東北の若い才能ある選手を集めやすくなるし、育成クラブとしてどんどんカテゴリーを上げていくことができそう

  29. 29.

    代わりにキヅールの折り方教えるんだろ?

  30. 30.

    丸岡グルージャ待ったなし!!

  31. 31.

    ドルトムント・サッカースクール運営してるからそのつながりでトップチームと提携できたってわけか
    NOVAは補強といい有能やな。監督選びはあかんけど

  32. 32.

    監督以外は凄いな!

  33. 33.

    テーブルクロス(でいいのかな?)の角にキズールがいるw。

  34. 34.

    ドルトムント「最近の若手は上手くなったが、伝統のゲルマン魂が足りない。特にドルトムントⅡの若手!4部のお前らがゲルマン魂無しでトップに上がれると思ってるのか?日本の3部で修行しろ!グルージャには頭部にゲルマン魂を持つという監督、ANO―OTOKOがいるらしいからな!」

    てな感じで選手来てくれないかな?

  35. 35.

    あかん!
    秋田が和製クロップになってまう!

  36. 36.

    本格的なソーセージ食えるな!
    喜作のライバル出現か!?

  37. 37.

    ドルトムント「すまん,日本のネットで話題になっている,有能な指導者…アノオトコを,ウチに譲ってくれないか?」

  38. 38.

    北九州が一回ドン底まで落ちて翌年優勝したからJ3は全然どのチームにもチャンスあるよな、ライセンスがあれば

  39. 39.

    ドルトムント秋田爆誕フラグ

  40. 40.

    みんな大好き、あの漢。

  41. 41.

    ※33 ほんまやww
    キヅールがデビューしてからこういう小ネタを積極的に入れまくるようになったよね

  42. 42.

    ドイツよ、これがキヅールとANO-OTOKOだ!

  43. 43.

    日本国内のスカウトネットワークを無条件で共有
    ドルトがアジア人の若手選手を獲得した時に修行用の期限付き移籍先の確保(家や車や生活のサポート含む)
    優秀な若手が盛岡にいた場合の独占交渉権
    こんなとこじゃない?ドルトのメリット

  44. 44.


    おお、君が欲しいのはこの森保か?それともこっちの森保か

  45. 45.

    NOVA様ありがたや…ありがたや…

  46. 46.

    こんな漢が存在するのか…(驚愕

  47. 47.

    コーチや選手の技術交流とかあるのかな。
    ドルトムントで学べるならかなり有益かと。

  48. 48.

    ※10
    金払えば提携できます。
    ※14
    金です。実質的にはコンサル契約みたいなものです。

  49. 49.

    まぁこの手の提携は予想できてた。
    Novaの業態考えればそりゃ海外クラブっていう看板を着けたがるだろうしな
    日本で知名度抜群のドルトムント選んだってのも納得
    まぁお互いビジネス名目の名義貸しみたいなもんどろう

  50. 50.

    ※43
    J3クラブのスカウト網やレンタル先確保なんてドルトムントからしたらなんのメリットにもならんよ
    ドルトムントがわざわざ市場価値落とすだけなことするわけてしょうが

  51. 51.

    ドルトムントはコンサルタント業もやっているのか

  52. 52.

    ※49
    http://grulla-morioka.jp/tab09_club/news-022/
    ドルトムントサッカーアカデミーからトップチームとグルージャの下部組織にコーチ陣が加入してますが

  53. 53.

    NOVAって一度倒産して別の会社に事業譲渡されたのは知ってたけど、こんなにすごい会社だったんだな…

  54. 54.

    ※49 ※50
    以前から盛岡の記事が出る度にNOVAの悪口かましてた瓦斯サポさんじゃないか。
    盛岡のサポーターさんに速攻論破された気分はいかが?

  55. 55.

    キヅールさんて折り鶴がモチーフっぽいし、海外進出となると日本の文化的な点でもポイント高いな。
    いいマスコットだぁ。

  56. 56.

    森下キャプテンになったみたいだしガンバレ。
    クラブが発展していく基盤になればイイね。

  57. 57.

    ANO-OTOKOとかボ将より合わなそう

  58. 58.

    闘魂とヘディングの極意を習得してドイツへ、そして新たなる皇帝の誕生…
    そんなストーリーがあっても良いじゃない

  59. 59.

    あの男しかいないのであるをドイツ語でお願いします

  60. 60.

    ドイツ語知らないので、キリル文字にしてみた。
    АНО―ОТОКО (?_?)

  61. 61.

    ※50
    リーガ1部のアラベスと当時J3だった鹿児島さんが業務提携したけどアラベスのCEOがなぜ契約結んだか答えているよ
    https://www.football-zone.net/archives/151048

  62. 62.

    ハーランドにヘディングのなんたるかを叩き込むあの漢の姿が見える。

  63. 63.

    キヅールがドイツに渡る日も近い…?

  64. 64.

    ※58
    そしてパスサッカーからフィジカルサッカーに回帰するドイツ代表

  65. 65.

    J3以下のカテゴリのクラブがビッグクラブと手を組むとどうしてネガキャンされるのか?ネガキャンされる理由なんてないな。

  66. 66.

    こんな形でキム・ソンヨンと再び巡り合うとは思わなかった。

  67. 67.

    チームカラーもいずれは黄黒にするのかな?

  68. 68.

    ワイ盛岡民
    ムキムキ補強するわパートナーシップ結ぶわで最近頭がついていかない

  69. 69.

    ドイツとお前とあの漢

  70. 70.

    ※14
    グルージャ関係なく、元々NOVAがドルトムントと提携してサッカースクールしてたから、むしろ必然だと思うけど

  71. 71.

    長崎が以前バイエル・レヴァークーゼンと提携してたと思うけどその後どうなったん?

    うちもCEサバデルと提携してた時期もあったけど、実績といえば草民の海外移籍ぐらいかなぁ。
    あとはバンコク・ユナイテッドとも提携したけど向こうの若手の武者修行受け入れ先となったぐらい。

  72. 72.

    ファルカオを待ちわびて

  73. 73.

    盛岡さんがムキムキになっていく・・・。元J2クラブも増えたJ3。JFLから今治さんも来たし、久々に八戸さんとも再会。1年でJ2復帰はかなりしんどくなりそう。

  74. 74.

    ※71
    育成提携だから、若い選手の短期留学とかやってたみたい
    今期も続いてるかは、ちと知らないや

  75. 75.

    つまり、ドルトムントと盛岡はグルじゃということか

  76. 76.

    ※52
    ※54
    そりゃnovaがビジネスをやるために盛岡買収したんだからアカデミー繋げるのは当然でしょ
    なんのための提携だって話になるわ
    てかドルトムントサッカーアカデミーってもしかしてドイツのドルトムントからだとでも思ってるのか?日本に展開してるスクールなんですけど
    論破でもなんでもないんだが。寧ろそんなことすら読み取れんかったの?

  77. 77.

    日本ですでに高い知名度持っててサッカースクールビジネス展開してるドルトムントとスポーツビジネスに手を広げてたNOVAが買収した盛岡の提携を
    理解できてないアホが多すぎる

  78. 78.

    キシ!盛岡で爆発して戻って来い!って言ってたけど、
    爆発してドルトムント行ってこい!

  79. 79.

    なお監督はあの漢の模様

  80. 80.

    ドルはうちと組んだ方がメリットだらけじゃろが

  81. 81.

    ※76
    最初から口論するつもりで書き込むなよ
    目障りだなぁ

  82. 82.

    ウチがJ2復帰した後にやってほしいものです

  83. 83.

    なんで瓦斯さんが暴れてるのかわからんが、
    首都圏ビッグクラブがひしめくエリアのJ3民としては、
    周辺の原石を集められるし、観客やスポンサーの食い合いとかも少ないだろうし、
    特色を打ち出しやすい地方ならではの魅力ってあるよなぁって羨ましく思ってるよ

  84. 84.

    ※71
    夏休みにあちらのコーチ陣が来日して松本育成本部長と離島のサッカー事情を視察してた(松本さんは通訳なくコミュとれる)
    一昨年昨年の11月にU18の主力5名を薬屋さんのもとに1ヶ月留学させてる
    留学先での様子を公式が毎日アップしてくれたけど技術的なトレーニングだけじゃなく、選手本人が自分の言葉でレポートにまとめて人前で発表したり
    日本ユースクラ選で敗退後に切り替え、10代はたくましいなあと感じた
    うちの長期的課題はホームグロウン、人材育成なので
    提携の形はどうあれ地元でグローバルに学べて、将来的に柏さんや緑さんのアカデミーのように海外の大会主催者から招待されたり定期的に武者修行できるぐらい実績積めたら

  85. 85.

    ※8のgoogle翻訳
    ・あなたは何を恐れていますか?
    ・プロとして戦う
    ・一緒に行こう
    まぁ、納得できるニュアンス

  86. 86.

    ※75
    審議中

  87. 87.

    多分、BVBのVが、キヅールのクチバシみたいだから提携になったんだよ。
    つまり、キヅール案件。

  88. 88.

    ※23 汰木はあれでもリヨンと提携してた時に短期研修させてる。
    いうてウチもシティに短期研修組がパッとしてないのがなぁ。昌士は満了になったり
    康太も伸び悩みだし、ノルウェーのヴァレレンガに短期研修組の堀も満了で生駒は今年
    勝負の1年。難しいもんだわ。

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        人気のタグ

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ