ブログRSS

アンテナサイトRSS

東京ユナイテッドFCがDF永田充の現役引退を発表 柏、新潟、浦和、東京Vなどで18年間プレー

関東サッカーリーグ1部の東京ユナイテッドFCは16日、昨シーズン所属していたDF永田充が現役引退することを発表しました。
永田選手は2002年に柏レイソルでプロ入りし、Jリーグではアルビレックス新潟、浦和レッズ、東京ヴェルディの4クラブでプレー。2010、2011年には日本代表入りも果たしました。


01


[東京ユナイテッドFC公式]永田 充選手 引退のお知らせ
https://tokyo-united-fc.jp/news/club-2020-651
永田 充選手が昨シーズンをもちまして引退することとなりましたのでお知らせいたします。

■永田 充(ながた みつる)
【ポジション】DF
【生年月日】1983年4月6日
【身長/体重】184㎝/82㎏
【経歴】 清水市立高部小学校 ― 清水エスパルスジュニアユース ― 静岡学園高等学校 ― 柏レイソル(2002-2005) ― アルビレックス新潟(2006-2010) ― 浦和レッドダイヤモンズ(2011-2016) ― 東京ヴェルディ(2017-2018) ― 東京ユナイテッドFC

永田 充選手コメント
「1年間本当にお世話になりました。僕はサッカー選手を引退する事にしました。
試合で勝った時の喜び、負けた時の悔しさ、チームメイトとの絆、色々な経験をさせて頂いて1人の人間として本当に成長させて頂きました。
18年間プロサッカー選手として続けて来れた事は自分でも驚いていますし、誇りに思います。
それも今まで在籍させて頂いたチーム、関係者の皆様、サポーター、友人、家族、皆様のお陰だと思います。
僕のサッカー人生に携わってくれたみんなが一生の宝物です。
これから社会人として皆様に少しでも恩返し出来るように全力で頑張ります。

東京ユナイテッドFCが1年でも早くJFL昇格をして、その先のJリーグの舞台で活躍する事を願ってます。これからはいちファンとして応援しますので頑張って下さい。」




02


ツイッターの反応



















43 コメント

  1. 1.

    1

  2. 2.

    A代表入りはジーコの時(03年10月欧州遠征)が初では?

  3. 3.

    うちに来てくれて本当にありがとう!
    お疲れ様でした。

  4. 4.

    畠中槙之輔の師匠

  5. 5.

    新潟にやられてばかりの頃に活躍してたのが1番印象に残ってる
    長い間お疲れ様でした

  6. 6.

    なーがたみつるー

  7. 7.

    お疲れ様でした。
    うちでもレギュラーを張ってたけど怪我した間に那須さんが台頭しちゃったからなあ。ミシャにも気に入られてたはずなんだけど。

  8. 8.

    赤さん退団直前くらいだかの天皇杯に出場していて、長中距離の縦をバシバシ通してる姿に萌えた記憶…

  9. 9.

    ジーコが表紙のウィニングイレブン7インターナショナルに永田がいて嬉しかった。

  10. 10.

    ミッツお疲れ様。来てくれて嬉しかったよ!

  11. 11.

    いっぺんぐらい東京ユナイテッド見に行こうと思ってたのに

  12. 12.

    バレーバレーバレーバレーバレーバレー

    が最後やった‥‥

  13. 13.

    おつかれさまでした
    11年→12年の躍進の立役者の1人

  14. 14.

    持ち味のロングフィードとご愛嬌のポカを愛でておりました。
    岩波が加入した時、これはミッツさんの系譜…!と思い、以来贔屓にさせてもらっています。

    ミッツさんのこれからの人生に幸あらんことを!

  15. 15.

    ミッツの安定感があるプレーが好きだったよ。
    お疲れ。

  16. 16.

    永田ありがとう!

  17. 17.

    ミッツがうちに来てくれた時は驚いたっけな…
    ありがとう、そしてお疲れさまでした。

  18. 18.

    永田千代反田の安定感

  19. 19.

    飄々と、淡々とプレーするのが漢だったな。
    ヘディングで決めたのを憶えてる。

  20. 20.

    私は浦和史上最高のロングフィード技術だったと思っています
    飄々としながらも見せる鋭いインターセプトも好きでした
    現役生活、お疲れ様でした、ありがとうございました!

  21. 21.

    うちに一番長く居たんだ!知らなかった!

  22. 22.

    個人的にはW充(永田、千代反田)時代が一番守備硬かったイメージ。
    お疲れ様でした。

  23. 23.

    永田、ドゥ、ウノ、貴章、谷澤がいたころは、我が軍は10年は戦えると思ってました・・・
    お疲れ様でした。

  24. 24.

    新潟のイメージ強い

  25. 25.

    浦和の選手がどんどん引退するのは寂しいねぇ。
    熱い思い出が多いから。

  26. 26.

    悲しいなあ。
    思い出そうとすると悶えたくなる。
    いや、移籍はいいんだ移籍は。
    ただ、浦和の終わりごろは結構干されてたから、
    元代表になにしてけつかんねんって想いが去来するのがね。

  27. 27.

    オツかれ、

  28. 28.

    永田さん本当にお疲れ様でした。
    ここのコメント欄での愛され方が人となりを物語る…

    永田さんが怪我せずフルで2017年リーグ戦出れていたら、我が軍は自動昇格出来ていたであろう…

  29. 29.

    ※26
    干されてたっていうけど2016年のCB真ん中は遠藤航+サブ那須さんで、ミッツー怪我がちだったから無理言わんといてください。
    ミシャからしたら、フィードのうまいミッツーは怪我さえなければ遠藤や那須さんより序列は上だったと思う。

    ミッツーと西川のロングフィード見るだけでスタジアムに行く価値ありました。
    ポカやっても飄々とした様が大好きでした。本当にお疲れさまでした。

  30. 30.

    対戦したときはやな相手だったなあ。
    味方としての印象はあまりないという。

  31. 31.

    最初の4年間だけだったのか。試合にもかなり出てたし、レイソルにいた期間はもっと長かった気がした。
    2005年はレイソルにとってJ1から初めての降格も味わって、心無いヤジばかりのサポもいっぱいいたから選手も辛い思いしたと思うけど、あの時に戦ってくれた選手には今でも特別な感情ある。恨みとかじゃなくて、何か深いところで手放すことのできないキズナみたいなもの。
    お疲れでした。

  32. 32.

    2011年とか苦しいときに、踏ん張ってくれたり、ポカしてくれたり。
    色々思い出深いです。

    ありがとうございました。
    あと、お疲れ様でした。

  33. 33.

    タグがマリノスだったからもしかしてマリノスに在籍してた?なんて一瞬思ったけど、やっぱりウチは絡んでないね。
    畠中の師匠だった縁?波戸さんがツイートしてるからとか?

  34. 34.

    ウノやめん吉が引退とは…。
    谷澤やらドゥー、キショーとかまだ現役だし
    思えば当たり年だったわけよね。
    暗黒期がなければなあ、と思いを馳せてみる…
    お疲れさんでした。

  35. 35.

    お疲れ様でした。

  36. 36.

    ありがとう

  37. 37.

    高木大輔に通したロングフィードを見た衝撃は忘れません。

  38. 38.

    なんだか柏のイメージが一番強いな。浦和さんの記憶はそんな無い。。何はともあれお疲れ様でした。名の知れた選手でしたね。

  39. 39.

    永田さんにとって一番いい時期は新潟にいた時ってことになるのかな
    永田さんのロングフィードを矢野が落としてセカンドボールを回収しサイドに展開
    矢野がもう一度落としてエジミウソンがこぼれ玉を決める
    最高でした
    そしてお疲れ様でした

  40. 40.

    うちでは怪我がちであまり出場出来なかったけど、永田が加入してから目に見えて畠中のビルドアップスキルが向上していった。

  41. 41.

    ミッツありがとう。そしてお疲れ様。
    素晴らしいフィードと若干のポカ。
    でも今は良い思い出しか残っていない。
    これからもサッカー界に関わって欲しい。

  42. 42.

    口下手なミッツだけれと、良い指導者になれると思う。

  43. 43.

    若い時に靭帯やっちゃった事を思えば、ここまで現役続けられて代表にも入ったんだから大したものだよ

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        人気のタグ

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ