ブログRSS

アンテナサイトRSS

浦和レッズがムアントン・ユナイテッドとのパートナーシップ締結を発表 ともに「赤・白・黒」がチームカラー

浦和レッズは16日、タイリーグのムアントン・ユナイテッドとのパートナーシップ締結を発表しました。
具体的な提携内容は明かされていませんが、人材交流やイベントの開催などを検討しているとのことです。



[浦和公式]タイリーグ ムアントン ユナイテッドとパートナーシップの覚書を締結
https://www.urawa-reds.co.jp/static/info/178454.html
このたび、浦和レッズはタイリーグ1に所属するムアントン ユナイテッド(Muangthong United Football Club)と新たにパートナーシップに関する覚書を締結いたしましたので、お知らせいたします。

ムアントン ユナイテッドは浦和レッズと同じ「赤・白・黒」のカラーをチームアイデンティティの一つとする、タイリーグの中でも有数の強豪クラブであり、これまでJリーグにも多くの選手を輩出しているクラブです。我々浦和レッズも、2013年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で対戦した縁があります。

また同クラブは、タイ国内の大手メディア企業であるサイアム・スポーツ・シンジケートがオーナーを務めていることでも知られております。サイアム・スポーツはJリーグのタイ国内放映権を取得し、毎節放映をするなど、アジアサッカー全体の発展に非常に熱心であり、多くの取り組みをしております。

今回のパートナーシップは、「さいたまと世界をつなぐ窓になる」という、浦和レッズ理念を具現化するきっかけになると考えており、異文化の中でも他者を理解し、スポーツを通して互いによりよい社会を形成し、そして次世代につなげていくような活動をクラブとして目指してまいります。
同時に、「あらゆる分野でアジアナンバー1になる」というクラブのビジョン達成に向けて、クラブが持続的に発展していくためにアジア圏でのプレゼンス向上を目指し、3度目のACL制覇という大きな目標と共に実現していきたいと考えております。

提携に関する主な内容(案)は下記の通りとなります。

[提携の主な内容(案)] ※具体的なアクションプランは両クラブ間で今後協議していきます。
(1)選手・コーチを含む人材の知識、アイデア、技術・トレーニング手法の学び等を通じて、連携を強め、発展を目指す。
(2)ニーズに応じた、若手選手を中心とした人材交流
(3)フットボールセミナーやフレンドリーマッチ等のイベント開催
(4)事業開発等の新たなビジネス機会の検討
(以下略、全文はリンク先で)









GOALタイ語版によると、パートナーシップ締結にあたり戸苅淳フットボール本部長は、将来的にチャナティップやティーラトンのような選手を獲得したいとコメントしたそうです。



ツイッターの反応
















56 コメント

  1. 1.

    へえ、あんたもMUFCって言うんだ

  2. 2.

    オフシーズンにプレシーズンマッチとか組んで旅行がてらタイに行きタイ()

  3. 3.

    かつて所属のジェイとチャナいるしクラブカラー同じだし、てっきりやるならコンサとかと思ったら浦和さんなのか。ヨーロッパ路線が強い印象だから意外。

  4. 4.

    ありがタイ

  5. 5.

    ※2
    今はさすがに無理だけど、タイは飛行機も宿も安いから下手な国内よりずっと安く行けるよ。
    サンダードームの行き来がちょっと大変だけどね。

  6. 6.

    提携は歓迎するけど、タイ料理ってパクチー入ってるやつ……?

  7. 7.

    いつの日か、
    南フランスのアルビ市にあるUSアルビと提携しないかなあって思ってる。

  8. 8.

    あれ?て思ったら後ろのロゴとは逆に立ってんのか

  9. 9.

    世界中の「赤白黒」がチームカラーのクラブと提携しよう(どれくらいあるか知らんけど…)

  10. 10.

    盛岡「へえ、あなたも赤白黒がチームカラーなんだ」

  11. 11.

    海外クラブと提携して役に立ったって事例が殆ど無いんだよなぁ
    そこが不安

  12. 12.

    トントントントン

  13. 13.

    ※1

    U <実は今ちょっと働いてるぞ

  14. 14.

    ACLに本腰入れてるうちとしてはアジア内のプレゼンスを高めていくのも戦略の柱なんだろうね。
    タイは人工的なパイも大きいし、良い方向に進んでくれれば。
    選手的にはどうなんだろうね。Jでやってける人材はいると思うんだけど。

    ※6
    安心しろ。韓国料理だって全部キムチが入っているわけではなし・・・。

    ※11
    提携とは違うかもしれないけど、今年にフェイエノールトに助けられたばかりでしょう。

  15. 15.

    今回の提携の目的は、アジア市場の開拓だそうです。
    つまりタイの国民に浦和レッズの試合を見てもらい、放映権料とグッズ収入で稼ぐのが目的。
    そのためにはタイのスター選手が浦和で活躍しないと厳しいです。
    タイ代表のレギュラーくらいではダメで、ほんとチャナティップ級の選手じゃないと厳しい。

    そういう視点で提携内容を見ると、若手の人材交流や指導メソッドの共有が目立つ。
    つまりタイの10代有望株をどんどん浦和に招待して練習させて、
    実戦経験はタイで積んでもらって、ムアントンの指導レベルも浦和の協力で上げてもらって、
    ジャパナイズドされたタイのスターを日泰共同で作る計画だと思います。

    めちゃめちゃ遠大な計画で、たぶん結果が出るまでに10年かかるでしょう。

  16. 16.

    ※11
    ニュースで探せば出てくると思うけどユンカーの獲得にはフェイエノールトとの提携の過去が一役買っていますよ
    レディースの安藤梢選手がバイエルンに留学とか。

    フェイエとの提携が無ければユンカーがいなかったと思うと…

    単純な選手の移籍だけではなく、これ系は得られるものが目に見えるものばかりではないし
    フェイエやバイエルンとの過去は、サッカー後進国としてクラブが得たものはそれなりにあるのではないでしょうか

  17. 17.

    ※11
    その通り クラブ間の提携って役に立つことはそんなにない。
    マリノスもかつてリヨンとかと提携してたけどチーム強化の効果はなく時が過ぎたが、その後のCFGとの提携からメリットありまくりなのでクラブ間の提携は意味ないものだとわかってしまった。
    この手のパートナーシップって若手やチームブランドの露出を増やす効果があるものだからあまり補強とかそういうものに期待してはいけないよ。

  18. 18.

    ※6
    タイ料理はそんなにパクチー三昧じゃないのと、本国でも苦手な人が割といるせいか除去しやすい料理が多い
    怖がらず全力で臨め

  19. 19.

    そういやMitsubishiUrawaだったな

  20. 20.

    ※17
    他サポだからそこまで詳しいわけじゃないけどリヨンとのあれって
    横浜市とリヨンの姉妹都市50周年記念の一環だったからクラブ主導ってよりも自治体関連の流れじゃなかったかな確か

  21. 21.

    ※9
    この3色の有名どころだとバイヤー・レバークーゼンとサンパウロFCが思い浮かんだ

  22. 22.

    浦和ユース出身の鈴木はもういないのか

  23. 23.

    ※11 ※16 ※17
    数少ないパートナーのメリットがユンカーのメディカルチェックで土壇場の大逆転獲得だし、
    今後そんなに意味のないパートナーシップを10個締結しても既にお釣りが来るね。

  24. 24.

    ※22
    佐藤だろw

  25. 25.

    バイエルンミュンヘンとのパートナーのときは埼玉スタジアムで7月くらいにスペシャルマッチやったし
    日本に来た時に試合しましょうか って程度の薄い交流関係でも別に良いんでね?

  26. 26.

    ヤマハつながりでジュビロじゃないのかと思ったら既にジュビロとは提携してたんだね

  27. 27.

    シティ⇔マリノスの提携は目に見えて効果が出てるけど、浦和⇔バイエルン、セレッソ⇔レッドブルは全然有り難みがないね。資本関係ないとやっぱり向こうも真面目に取り組まないのかな。

  28. 28.

    GGRで「大リーグのチームと提携」と聞こえて???となった

  29. 29.

    ※23 ユンカーはいい選手だけど、レッズが近年、外国人で当たりなかった+顔+性格でかなり嵩上げ評価な気がする

  30. 30.

    ※11
    鳥栖とアヤックスの育成提携は成功してるけど、大体の提携は形ばかりな印象はあるね
    今回の提携は浦和からムアントンに若手が修行に出される可能性はありそうなのと、ACLに出場した時に協力を得られそうってぐらいか

  31. 31.

    まずはニートをタイ送りだな!

  32. 32.

    ※15
    チェンライFCのシバコーンっていうタイ代表選手取ればいいよ。ACLのガンバ戦で1人無双してたから普通に戦力的に通用すると思うよ。

  33. 33.

    ※28

    阿部ちゃんと秋山(シンシナティ)の交流はあるようだが。

  34. 34.

    アントン?
    猪木?

  35. 35.

    ※34
    俺はアントン!

    便利屋の社長

    思ったんだけど、マリノスはよくカップ戦で青一色のユニ着ることもあるけど
    浦和は決して赤一色のユニを着ることはないよね。

    川崎も2017年は水色一色のユニ着てた気がする。鹿島は基本的に一の位が1の年は赤一色だね。

  36. 36.

    ※11
    ユンカーとショルツは、フェイエノールトでのメディカルチェックでスムーズに契約まで漕ぎつけているからね
    ただそのフェイエノールトとの関係を築いたのは大槻さんって話だからな。。。

  37. 37.

    ※35
    赤一色セットはないけど、赤白白、赤黒黒がレアバージョン

  38. 38.

    ケイスケホンダがムアントン入ったら面白かったのに

  39. 39.

    かの超有名なムアンUと提携とかすげえな

  40. 40.

    ジェイ「俺もいた事あるんだよ」

  41. 41.

    チームカラー丸ごと真似した本家ユナイテッドとの提携まだー?

  42. 42.

    チャナ浦和移籍フラグか

  43. 43.

    タイの金持ち親日家層を少しでもつかめればよいね
    早くタイに行きタイ

  44. 44.

    若手の育成やアジア圏でのブランディングはもちろん、クラブOBなら誰でもなれすぎてあり余るハートフルコーチの修行先になったら良いなあ

  45. 45.

    いいよな~
    展望があるっていいよな~
    他と提携できる意志があるっていいよな~
    さらにそれを受け入れてくれる提携先があるっていいよな~

  46. 46.

    ※11
    川崎が入った連盟みたいなのは動きあるのだろうか

  47. 47.

    ※27
    バイエルンは2位3位チームの監督、選手を引き抜くだけだから選手リストとか無さそう
    レッドブルは色々ありそうだけど動き無いですね、監督推薦あったら面白そうだけど、そこは自分で決めたいのかな?

  48. 48.

    ※12
    ( ゚∀゚) < ワシントン!!

  49. 49.

    スポンサーヤマハなのに浦和と提携
    磐田とも何年か前になんかあった気がするけどどうなったんだ

  50. 50.

    ※43
    ニート「かわいいマスコットにもぜひおこづかいを」

  51. 51.

    ※37
    赤黒黒は対海外チームが多くて見るだけで気合が入るから好き

  52. 52.

    ※34
    エウレカセブンの主人公

  53. 53.

    ※50
    かんばつになったら呼ばれそう

  54. 54.

    ※51
    もの凄くわかります
    ACLの上海上港や広州恒大、CWCのミラン戦がそうでしたね

  55. 55.

    ※50
    タイの大富豪「浦和のマスコットめちゃくちゃかわいい!ぜひ大口スポンサーになるよ。名前はコバトンと言うのか!」

  56. 56.

    YAMAHA・・・?

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        人気のタグ

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ