ブログRSS

アンテナサイトRSS

【J2第26節 大分×群馬】大分が後半の2得点で群馬に快勝!7月は3勝2分1敗と好調維持

2015年 J2 第26節 大分トリニータ VS ザスパクサツ群馬

大分 2-0 群馬  大分銀行ドーム(15152人) 

得点: 高松大樹 為田大貴
警告・退場: 兵働昭弘 青木良太

戦評: 
前半はホームの大分が高松のポストプレーを起点に相手ゴールに迫り、試合を優勢に進める。しかし、ネットを揺らすまでには至らず、スコアレスで折り返した。それでも、後半の開始早々にはCKに高松が頭で合わせて先制に成功。このゴールでJ2通算500得点を達成した。さらに、後半10分に為田が追加点を奪取。リードを許した群馬は、早い段階でベンチが動く。同15分にオリベイラと小牟田を投入して反撃を試みるも、結果は伴わず。2-0で勝利を飾った大分が、最下位を脱出した。


[Jリーグ公式]J2順位表
http://www.jleague.jp/standings/j2.html

image

image

image



[YouTube]【ハイライト】大分トリニータ×ザスパクサツ群馬「J2リーグ 第26節」
https://www.youtube.com/watch?v=HH1L1NneCpY




ツイッターの反応




























19 コメント

  1. 1.

    客多いな

  2. 2.

    県民無料デーだけどこの順位だし、結構いい観客数なんじゃないのと思ったら公式の予定来場者数が2万人超えでワロタwwwwwwwww
    あれは目標だったんだろうか…

  3. 3.

    j2史上最も過酷な残留争いだなあ

  4. 4.

    ただただ嬉しい(^ω^)

  5. 5.

    弱きを助け、強きを挫く
    グンマーはヒーローの鑑だな

  6. 6.

    大分トリニータ頑張れ!

  7. 7.

    よ、よわきをたすけただけだから(震え声)
    なんかあっさり負けたわ
    試合内容にしろ観客数にしろ、なんで最下位だったのかわからんレベル

  8. 8.

    このコメントは削除されました。

  9. 9.

    ようやく総力戦で勝てて嬉しい!さぁこっから抜け出せるか。

  10. 10.

    観客数が多かったのは県民無料デーだったから
    試合内容は為田が復帰してからやっと調子を取り戻してくれたからと
    高松を最初から使ってるから仕掛けれる選手と預けれる選手がいるのが大きい
    問題は高松をシーズンフル稼働で使うのは厳しいと思うこと
    代わりのFWがなぁ・・・

  11. 11.

    大分は上位との対戦を残してるからまだ全然気を抜けないんだよな。
    岐阜はこないだは磐田、今日は大宮と結構上位と対戦してるから、
    今の両チームの勝ち点差は大分にとって
    全然アドバンテージのうちに入んないと思う。
    まだまだサバイバル。
    さしあたりセットプレーでいいボールを入れ出した兵働が
    次節出場停止、相手も好調の6位福岡だし、
    大分もまだまだ真価を問われる試合が続く。
    負けて岐阜が勝って京都が引分け以上でまた最下位へ逆戻り。

  12. 12.

    ラスト6試合が鬼畜だからな。
    それまでに中位までいないと不安だ。

  13. 13.

    大分が勝ち出した。降格ラインが上がってくるな。

  14. 14.

    ていうか今の岐阜じゃあ下位チームにも勝てんだろ
    岐阜も全然有利じゃねえよ

  15. 15.

    岐阜って大分に6-2位で負けたよな…。

  16. 16.

    高松と為田という新旧ミスタートリニータ(為田は予定)が決めると盛り上がる。

  17. 17.

    無料デーとは言えここまで人が来るんだからウラヤマシス

  18. 18.

    柳田さんは学会員の鏡

  19. 19.

    岐阜は金沢に引き分けたり磐田に勝てたんなら
    そりゃ下位にも勝てるようになるんじゃねえの。
    大宮はしょうがない。

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        人気のタグ

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ