ブログRSS

アンテナサイトRSS

ロアッソ熊本が2022シーズン新ユニフォーム発表 迷彩柄とボーダーを組み合わせたデザイン採用

ロアッソ熊本は16日、2022シーズンのユニフォームデザインを発表しました。
ユニフォームサプライヤは―昨シーズンまでと同じプーマで、カモフラージュ柄とボーダーを組み合わせたデザインを採用し、ユニフォーム右袖には熊本の復興支援活動を応援する「熊本」の文字が記されています。



[熊本公式]ロアッソ熊本2022シーズンユニフォームについて
https://roasso-k.com/news/5330
2022シーズン、ロアッソ熊本が明治安田生命J2リーグ、天皇杯など全ての公式戦で着用するPUMA(プーマ)製のユニフォームデザインです。

ユニフォームサプライヤー:プーマジャパン㈱
モデル:PUMA TRIBES【CAMO BORDER Model】
2022年2月より登場するPUMA TRIBESの新デザインを採用。
ストリート感があるカモフラージュ柄と、スポーティーで伝統的なボーダー柄を合わせ、ピッチ上での選手の新たな見え方を追求し、PUMAの革新的試みを表現したデザインとなっております。
同系色で構成されるカモフラージュ柄は、ピッチ上の選手達の変幻自在なプレイをイメージしており、J2の舞台で躍動する選手達を華やかに彩ります。
(中略)

ホームタウンの表記
ユニフォーム右袖(Jリーグエンブレム下)に表記されているホームタウン名「熊本」
ホームタウンである熊本市をはじめ、ロアッソ熊本の活動エリアが熊本県全県下にあるという意味が込められています。
この「熊本」の文字は益城町を拠点に県内外にて活動されています、一級印象彫刻技能士・書道家の荒木桃園様によるもので、荒木様は現在も熊本地震、2020年7月の豪雨災害の復興支援活動にご尽力されています。
我々ロアッソ熊本も今後も永続的に復興支援活動に協力していくという意味と、現在も復興支援活動にご尽力されている多くの県民の思いもこめて、荒木様にご協力いただきました。






02

03


ツイッターの反応















21 コメント

  1. 1.

    TENGAっぽい

  2. 2.

    選手権で何校か見たな

  3. 3.

    今年もテンプレ仲間だね

  4. 4.

    京都のユニもやけど、テンプレでもかっこいい

  5. 5.

    本当にPUMAの手抜きはいい加減にして、磐田さんと一緒にアドミラルにすれば良かった。

  6. 6.

    ※1
    容赦なさすぎて草

  7. 7.

    ※1
    もう少しオブラートにならなかったのでしょうか…

  8. 8.

    テンプレ仲間だった沼津さんも抜けちゃったからな

  9. 9.

    ※1コメでそれですか

  10. 10.

    ※1
    その昔のレッズに比べればまだマシかもしれない

  11. 11.

    白岳 背中かよ…

  12. 12.

    プロなのにテンプレはねーよな

  13. 13.

    言うほどTENGAぽくはないけど迷彩とボーダー…目立ちたいんだか目立ちたくないんだか…

  14. 14.

    ※5
    大分みたく残留すれば京都さんも最新テンプレになるかもよ

  15. 15.

    ※9
    2コメで顔射が出てくるよりいいと思うの

  16. 16.

    熊本特有でもない柄を簡単に取り入れるくらいなら無地の方が、、、

  17. 17.

    ※1
    TENGAあんま使わないから気付かなかった

  18. 18.

    結婚してからTENGAとか使わなくなったわ

  19. 19.

    平田機工の見映えがいいので好き

    それはそうと※1……

  20. 20.

    でもカッコいいじゃん!

  21. 21.

    かっこいい

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        人気のタグ

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ