ブログRSS

アンテナサイトRSS

【天皇杯】清水が長谷川&竹内のゴールで2年連続のベスト16進出!話題のいわきFCは3回戦で大会を去る

[ゲキサカ]清水が“開始48秒弾”などで快勝!7部相当いわきFCの快進撃は3回戦で止まる
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?220883-220883-fl
[7.12 天皇杯3回戦 清水2-0いわきFC アイスタ]

 天皇杯の3回戦が12日に各地で行われた。IAIスタジアム日本平ではJ1の清水エスパルスが福島県社会人リーグ1部のいわきFCに2-0で勝利した。4回戦の組み合わせ抽選会は8月7日に行われる。

 いわきFCは天皇杯2回戦でJ1の札幌を延長戦の末に撃破。7部相当のアマチュアクラブの快進撃は全国的な注目を集め、NHKのニュース番組でも取り上げられるほどの社会現象となっている。

 いわきFCは札幌戦のメンバーから1人を変更。FW高柳昂平に代わってFW菊池将太が先発出場。J1リーグ戦を戦う主力メンバーを並べる清水イレブンと対峙した。(以下略、全文はリンク先で)



[JFA]第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 > 日程・結果 > 試合結果
http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2017/match_page/m58.html


029

030



ツイッターの反応

























61 コメント

  1. 注目されていたのはわかっていた!
    それだけに勝ててホッと一息。

  2. グッジョブ

  3. フィジカルには高さと巧さで対抗すれば良いのだ!!

  4. フィジカルはもちろん重要だが、フィジカルだけで勝てたらサッカーがこんなに世界中で愛されることもないだろう

  5. 清水良くやった

  6. GJ!清水

  7. フィジカルオンリーで勝てるならアフリカ勢がとっくに優勝してるわな
    強くなるには全部が必要なんだろうなぁ

  8. さすがのいわきもJ1には勝てないか

  9. カテゴリ違うといっても、うちがしばらく勝ててない札幌さんに5点も取ったチームだし
    こっちにとっても良い経験させて貰えた感あるね
    試合前にアクシデントとかもあったみたいだけど無失点で抑えた守備陣GJ。これを続けて自信つけていっておくれ

  10. だけど面白い試みだよね。
    上手いだけの選手がフィジカル付けたらどうなるのか。怪我しやすくなるのか身体が重くなってプレースタイルが変わるのか…。いわきさんにはトコトンフィジカルを追求してほしいね。

  11. ※8
    もうやめて!札幌のライフはとっくにゼロよ!

  12. フィジカルは大事だ
    新しい形が見つかれば、都倉札幌、武蔵新潟、ロペス広島は強くなる

  13. 7部相当のチームにJ1チームが勝ってよくやったって言われるって大変なことだと思うわ
    早くJ3まで上がってきてほしい

  14. フィジカルはテセやデューク、カヌに抑え込まれてたからそんなに目立たなかった
    それよりもテクニックと連携の方が目立ってた印象

    速いパスをワンタッチでフリックして味方に通すし
    FWはダイアゴナルでDFの間に入り、うまくパスを引き出してた
    守備でセンターを固めてもサイドに振らず
    ボールのスイッチやショートパスでDFを動かしてこじ開けようとしてきた

  15. 札幌が上がってきてたらまた負けてたかも、その点でもありがたかった。次の抽選で筑波大・長野・松本・八戸(仮)引きそうな気もするけど。

  16. 清水さん勝って良かった!応援してたよ!

  17. ** 削除されました **

  18. ※10
    >上手いだけの選手がフィジカル付けたらどうなるのか。

    極端な喩えかもしれんが、レアル・マドリードの選手たちがそれじゃないの?

  19. ※14
    普段からテセ・デューク・カヌと練習で当たってるから他の選手も対応出来たんだろうね。

  20. あれだけ騒がれたいわきFCだがJ1清水との対戦ではあっさり負けたなw

  21. コメントのこの伸びなさよw 世間様が何を望んでたかはっきりわかるわね
    まあとにかく勝ってよかった

  22. まぁ90分で片付けさえすればこんなもんよね。
    単にうちの二軍が弱かっただけ。

  23. ナイスぅ

  24. 別の海外の反応まとめブログで「アメリカのトップアスリート達がサッカーをやってたら何回W杯で優勝できただろうか?」みたいな記事があったし、むしろサッカー文化がそれほど根付いてない国の方がフィジカル信奉者が多いような気がする。
    よく引き合いに出されるCロナウドやベイルも元は細身のテクニシャン、スピードスターで、その状態でも活躍していた選手が他の部分に着眼点を変えただけで、そもそも1流の選手だったんだよね。どちらも筋肉の鎧を纏ってワンランク上の選手になったと言えるけど、Cロナウドはドリブルのキレ、アジリティを多少失ったし、ベイルはケガの絶えない体になってしまっている。
    他にこの2人ほど極端に肉体改造をして飛躍した選手のイメージはないし(もちろん極端でない肉体改造で成長した選手は数多くいる)、モドリッチのようにまるで日本の成人男性の平均のような体格の選手が、今世界一のMFと言われる位置にいることも考えるべきだと思う。

  25. まぁマネーが有れば保有選手は逃げないだろうし、全社経由で飛び級すれはそんなに待たなくても会えそうだねいわき
    いや、我々は地位を脅かされる立場か

  26. 3回戦とは思えないカメラマンの量で
    試合前の選手撮影のときにはいわきのほうが多かったくらいでした
    ゴール際のカメラマンもいわきのほうがおおかったんじゃないかな

  27. 実際90分やった中でいわき側は誰も足をつらなかったし速度も落ちなかった
    ボールスピードがかなり速く、こっちもつられて意地になったのか変に速くなりミス連発したところがあった
    いわき側は途中でパスミスが目立ったりセットプレーの精度が足らないところもあったがそれはこちらもあるのであまり言えない
    基礎技術を維持できるフィジカルもやっぱり武器になりえると思う
    対人もこっちより自信もってチャレンジしてた
    ただ筋トレしつつコンディションを管理できてるのは試合数少ないならではだと思うのでプロがやれるかって言うと厳しい

  28. 試合後にテセが言ってたけど、フィジカル中心のトレーニングだと怪我のリスクが高くなる
    日本人はフィジカルが弱いからいわきFCの試みに期待してる人が多いんだろうけど、海外だとフィジカル中心のトレーニングしてるクラブはほとんどない
    いわきFCの真価が試されるのは、少なくともJFLかJ3に上がって、年間40試合前後をこなさなきゃいけなくなってからだと思う
    そういう環境の中で怪我のリスクを抑えられるなら日本サッカーに大きな革新を与えるかもしれないね

  29. ジャイキリおめ

  30. ※22
    恥ずかしいからやめようぜ…

  31. どちらかと言えば、仕事しながらのサッカーで効率的なのは「スタミナ」方面のフィジカルで、いわきも格上との対戦における粘りを重視してきたんだと思う。

    粘る前に先制を許したら厳しいですよね。

  32. 札幌は二軍、こっちはほぼ一軍って違いはあるんだよな

  33. いわきの選手はすごかったと思うよ。
    昨日は負けたけど、色々な意味で跡を残したって事は大きい。

    ところで昨日いわきのゴール裏にいた緑のゆるキャラは何?w

  34. 清水おつです

  35. 宮市とかがその典型だよなあ
    晩年のロシツキーが宮市に若いうちはボール触っとけ、フィジカルトレーニングなんかするなって言ったの思い出した
    ロシツキー元気かな?

  36. 早めに先制点取れないと、後半や延長ではいわきに分があるからな

  37. 良かった良かった…

  38. いわきのこれからの成長に期待してます!
    平松さん元気かな?

  39. 悠さん調子よかったみたいでなにより

  40. 清水さんおめ!正直いわきFCとはあたりたくなかった…

    ※28
    >海外だとフィジカル中心のトレーニングしてるクラブはほとんどない
    アングロサクソンやネグロイドとは生まれ持った筋肉の質や量が違いすぎるからね。ましてや日本人は中国人や韓国人よりも体躯は劣る訳だから、ボディコンタクトが伴う&スタミナが必要とされるスポーツにおいてフィジカル中心のトレーニングは悪いことではないと思うよ。

  41. ※8
    それだと札幌よりリーグ順位が下のチームもJ2になっちゃうじゃないか!なっちゃうじゃないか…

  42. ウチをネタにするのもう止めて(^_^;)

  43. 3回戦になるともう一部同士が当たる仕様なのね。

  44. フットボールの勝敗は紙一重。確実に勝つためにはかなりの実力差が必要。うちもサテライトが藤枝に完敗しました。

  45. 実際に試合を見てみたら、話題先行していたフィジカル優先のチームというより
    それを鍛える事で、普段のプレーが優位に進められるというコンセプトのチームなんだと感じた。
    あと、後半の方がいわき優勢になるかと思ったら
    逆に清水が対応して、シュートも殆ど打てない展開になっていたのも興味深い。

    しかし、あのレベルのチームが県リーグにいたら、そりゃ無双するだろうなと。

  46. フィジカルと一言でいってもいろいろある
    筋肉がついてる・当たりが強いものとして使われがちだけど、本来はそれに限らずスタミナや体調といったものも含む体全般に対して使われる言葉

    ただいたずらに筋肉を膨らませるトレーニングは、体が重くなったり柔軟性が落ちたりすることで怪我につながる部分があるので、その点は留意しないといけないと思う
    いわきFCの記事を読むにそのあたりについては考えながらトレーニングを組んでいるみたいね

    ただ、※27が指摘しているとおり、90分戦っても余りあるスタミナがあるのはサッカーにおいて大きな要素であるのは間違いないと思う
    ※31もスタミナという点でのフィジカルについて言及しているね
    Jリーグでこの最たる例は湘南サッカーかな?

  47. 開始早々に悠が決めてくれたのが大きい
    0-0が後半30分過ぎまで続いたらと思うと

  48. はせゆーが決めてるのをみると夏の訪れを感じる
    頑張れ夏男!

  49. ※43
    冷静に考えれば当たり前の話なのだけれど、4回戦がベスト16ということは、4回戦に残れないJ1チームが出るということだからね

  50. アカデミーがいわきと同じ仮説のもと、強化してるんだよね

  51. 上手いんだけど、フィジカルがなー…
    って若手選手を半年くらいレンタルしたいクラブは結構いるかもね

  52. 久しぶりにJリーグを見ると、みんな細いな〜と思ってしまう

  53. 現地で見てたけど、いわきの運動量が落ちなかった的な意見には?だね。
    後半の途中から膝に手をつく選手もチラホラいたし(その選手が真っ先に変えられてたけどw)、明らかに疲労で判断力が鈍ってる選手もいた。

    いつも無双していて、自分たちのペースでできている分、90分間トータルでどうマネージメントするかを考えるあたりが、違いなのかなーと面白くみていたよ。
    小林カントクももう少し、最後の終わらせ方を…とボヤいていたけど。

    ただし、デュークはマネージメントを超越している存在。

  54. やるき!げんき!いわき!

  55. フィジカルモンスター、アンダーアーマーの手先だの言われていたが、
    いわきFCは普通に良いチームだった。
    これからこのチームが東北2部、1部と経由するのは、いかにも時間の無駄。
    天皇杯の本成績と施設の充実をもってJ3への直接加入か、
    せめてJFLへの加入を認めてあげられないものか。

  56. ※55
    今年の全社・地域CLを勝ち抜けば、自力でJFL入りを勝ち取る事が出来るよ。
    5日間で5試合→3日間で3試合→3日間で3試合という、
    アホみたいに過酷な日程の大会だけれど、
    過去上がってきたクラブは、それらを経てきているからね。

  57. ※55
    昔は地決への飛び級参戦ってあったけどね
    草津とか相模原とか
    最もJFL参戦にはスタジアムの施設が不足してるけど

  58. ※56※57さん
    詳細ありがとう
    かのチームなら、過酷な戦いを制して上がって来ると思います。
    日本のサッカーを良くしようとする様々なアプローチは歓迎すべきですよね。

  59. 見に行ってきたけど、テセのフィジカルの強さが際立ってたね。いわきの選手より強かった。
    あとはパスの精度や連携などの総合力で清水が上回ってた。
    でもいわきも守勢に回ること無く全力でぶつかっていって、決定機も作ってた。見ていてとても楽しいサッカーだったよ。
    このまま順調に行けば数年後にはJリーグで見られるだろうね。

  60. スカイAの実況がなぁ…
    ジャイキリ期待してるのが露骨に伝わってきてちょっとアレだった

  61. 清水としては次の試合は29日のマリノス戦だから、天皇杯3回戦とはいえ主力を温存する必要性はない。
    控え出したら「舐めプ」とか言われるだろうし。
    むしろいわきは清水が主力出してきてくれてありがたかったんじゃないの?
    「相手が主力だったから負けても仕方ない。」って言えるしね。

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ