ブログRSS

アンテナサイトRSS

【J2第11節 栃木×岐阜】栃木3試合ぶりに先制するも勝ちきれず…ドローで6試合勝利なしに

2019年 J2 第11節 栃木SC VS FC岐阜

栃木 1-1 岐阜  栃木県グリーンスタジアム(4799人) 

得点: 大黒将志 山岸祐也
警告・退場: 粟飯原尚平 イヨハ理ヘンリー

戦評: 
6試合ぶりの勝利を目指す栃木は、ここまで全試合に出場をしている岩間が開始早々の負傷によりピッチを去ってしまう。相手の激しいプレッシャーを受け、幾度となくシュートを打たれるシーンが見られるものの、無失点で試合を折り返す。後半に入ると、岩間の代わりに投入された古波津が起点となり、最後は大黒がネットを揺らして先制に成功。このまま逃げ切りを図ったが、終了間際に山岸の得点で同点に追い付かれる。互いに勝点1を分け合う形となり、今節も勝点3を獲得することはできなかった。



[Jリーグ公式]J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/
[Jリーグ公式]監督コメント
http://www.jleague.jp/match/2/2019/042810/coach/
[Jリーグ公式]選手コメント
http://www.jleague.jp/match/2/2019/042810/player/
[Jリーグ公式]レポート・動画
http://www.jleague.jp/match/2/2019/042810/recap/


005

007



[YouTube]栃木SCvsFC岐阜 明治安田生命J2リーグ 第11節 2019/4/28
https://www.youtube.com/watch?v=btegFJ1g9CE





ツイッターの反応
























20 コメント

  1. 1.

    サムネずるいぞ

  2. 2.

    サムネホイホイ

  3. 3.

    義父は最悪の事態(4月全敗)にならなくてよかった。柳ケ瀬で見てた人も安堵したやろうね。
    栃木ゴール裏のブーイングは何事ぞと思ったけど、平成31年はホーム未勝利で終わっちゃったからか。
    なるほど納得。

  4. 4.

    えとみほさんの言う「芝のホームアドバンテージが皆無」なのは関係ある感じでしょうか?
    両サポーター様の印象を聞いてみたい。

  5. 5.

    あのサムネは反則やろwww

  6. 6.

    自分たちのやりやすいように芝の調整とか出来ないのでそういう意味ではあるのかもしれないけど(今そこにある芝を愛せ)、それ以前に栃木は監督のやりたい事と選手の能力の乖離が激しいので厳しいだろうね。

  7. 7.

    サムネは反則だけど、結局昨年8月の福岡戦が平成最後のホーム勝利となりました。

  8. 8.

    ※4
    少なくとも去年の夏のあの酷い芝でやらされると思ってたので、きれいな芝でよかった。ゆえに栃木の選手が相次いでケガしたのが残念かつ不思議。
    (伊集院光さんが深夜の馬鹿力で言った)まさか豆苗ホントに植えたんじゃないかと思ったくらいきれい。

  9. 9.

    残留してくれ…

  10. 10.

    田代がプロフェッショナルを見せつけてくれたおかげで田坂塾の授業参観からは脱せた感はある。
    ※4
    前日練習でスタジアムが使えなかったり芝以外の問題もある。
    芝は去年より遥かにマシだが大分みたくパスサッカーやりたくても水撒けなかったり選手が滑りまくったり未だにやりづらそう。ゴロのパスとかもイレギュラーするしね
    ただ相手は問題なくプレーできてるのにこっちが手こずってたりするからそれ

  11. 11.

    は言い訳にならない。
    連投すまん

  12. 12.

    サムネが反則すぎる

  13. 13.

    山岸が決めたと聞いて!!!

  14. 14.

    どうやったら勝てるんや…

  15. 15.

    というか、岐阜ちゃんの方が毎回アレコレした末にドローか負けてる印象しか無いんだが大丈夫なんか・・・?

  16. 16.

    こんな時に限って、田代もヘニキも頑張っちゃうんだもんな。
    栃木サポの皆様、二人をよろしくお願いします。

  17. 17.

    ※15
    あんまり大丈夫じゃない……
    補強した筈の戦力がほとんど起用すらされていないのが辛い。

  18. 18.

    岐阜は最初のビッグチャンス決めてれば勝ててただろうし栃木も大黒が最後のふかさなければ勝ってた。岐阜のキーパーのバックセーブもあったし
    裏天王山と呼ぶには早いけど紙一重の試合だった

  19. 19.

    ちなみに今シーズンアウェイ初得点です

  20. 20.

    大木さんのチームは年月を重ねると段々とポゼッションが目的化して、攻撃に積極性が無くなって来るんだよね…。

    ウチと違って、POで失敗して叩かれた訳でも無いんだから、敗戦覚悟で新加入選手の化学反応に賭けた試合があっても良いと思う。

    酷い内容だけど、何か勝っちゃったみたいな試合を認められない人なんだろうね。

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        人気のタグ

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ