ブログRSS

アンテナサイトRSS

元カナダ代表MF中島ファラン一生がFC岐阜にコンタクト?ツイッターでリプライ送る

中島ファラン一生といえば東京ヴェルディユース出身で元カナダ代表という異色の経歴の持ち主。
2013年にはカナダ代表メンバーの一員として、国際親善試合で日本代表とも対戦しました。

昨年までマレーシア・スーパーリーグのトレンガヌFAでプレーしていた中島ファラン一生ですが、昨晩ツイッターでFC岐阜公式アカウントに送ったリプライが話題になっています。






これはもしかしてFC岐阜への売り込み?
いまのところクラブからの返信はないようですが……

過去にはシシーニョのような売り込み成功例もありましたが、はたしてどうなるのでしょう。



1518402107640


※情報提供ありがとうございました。

関連記事:
元U-21スペイン代表シシーニョがツイッターでアビスパ福岡に売り込み?「私はアビスパ福岡の大ファン」
http://blog.domesoccer.jp/archives/60059664.html



ツイッターの反応













54 コメント

  1. 誰?

  2. 検索すれば公式サイト出てくるし、そこからツイッターやフェイスブック行けるのに。
    スカウトの携帯番号をツイッターで聞いても無理かと。

  3. 岐阜にはSNSで外人を呼びつける凄みがある…!

  4. そしてアビスパ福岡から入団のリリースが来るのかな。

  5. キャシー中島なら知ってるが
    イッセー中島知らず

  6. 岐阜は海外帰りとかハーフとかJにあまりいない国の選手が毎年来てる印象

  7. でもすごく岐阜が獲りそうな選手の経歴ではある

  8. うちのユース出身にも似たような名前&経歴の選手いなかったっけ?
    詳しい人教えてください

  9. 残念ながら全盛期を過ぎてかなり経つ印象だし,そもそももうシーズン開幕直前だし…。
    厳しいんじゃないかなー。

    元カナダ代表だけど,本人のインタビューでの発言から察するに,日本法上では日本国籍を選択しているように感じる。
    とすれば日本人選手として扱われるし,安い年俸でOKかつFC岐阜も必要とするなら,加入もあり得るけど。

  10. ツイッターアカウントがないので売り込みされることもない

  11. 岐阜さんTMボロボロだしあるのでは

  12. 中島ファランパリスの兄貴か

  13. J2が盛り上がってくると景気回復を実感出来る。

  14. ウチでは試合出れなかったけど、シンガポールの出世頭かな

  15. シシーニョのパターンで行けば当たりかも知れん

  16. 自分から売込みだとお安く・・・。

  17. ※8
    中島ファランパリス
    一生の弟
    すでにサッカー選手は引退してる

  18. そのうちSNSでクラブを探すのが一般的になっていくんだろうか

  19. アイコン見て絶対本人じゃないだろと思ったら本人だった

  20. すっごい懐かしい名前だけどプレーを見た覚えない・・・

  21. 成りすましじゃないんだよね・・??

  22. 新潟在籍時にサテで2試合ぐらい観たけど、抜くタイプではなく運ぶタイプのドリブルが上手い印象
    イケメンだし謎の大物感があったから割と期待されてた

  23. ※21
    ツイッターの公式マークあるから本物だと思う

  24. 恐らくこのあとのやり取りはDMとか表には見えない形になるだろうから公式から返信リプすることはないだろうけど、
    SNSで売り込みとか、一昔前じゃ考えられなかったなあ

    まあ、プロレス界じゃファンのブログに売り込み→某2ch経由で団体社長とコンタクト取って来日したガイジン選手ってのも昔居たけども

  25. SNSで売り込みとかどっかのご当地アイドルじゃあるまいし・・・と思ったらこりゃまたえらい懐かしい名前が出てきたな

  26. でも、国籍は大丈夫?
    ヴェルディユース出身ということは日本の学校を出てるんだろうけど、日本国籍じゃないなら、外国人枠は埋まってる(在日枠も含めて)し、獲りようが無いんじゃない?

  27. ファラギースだけにギーヴ…

  28. 岐阜が獲得してウチに即レンタルしてもええんやでw
    ウチの汁人一人大怪我ぽいから><

  29. ファッ?

  30. 中島賢星&一生で売り出していこう
    wikiで33才って出てたけどベテランなのね

  31. 取説がガチならば大木サッカーにハマる可能性大やがな。
    パス散らせて、ワンツー出来て、運動量あって、空中戦苦手ってまんま大木サッカーだし

  32. いやぁ、なんか時代だなぁって。
    しみじみ感じた。

  33. ザスパにも優秀な助っ人が欲しい

  34. アナウンサーがフルネームで呼びたくなる名前。
    中島ファラン一生にボールが回った!
    中島ファラン一生が中央に切れ込む!
    中島ファラン一生が一人でPAに侵入!
    中島ファラン一生が切り返した!
    中島ファラン一生がシュート!ゴール!
    中島ファラン一生!中島ファラン一生が華麗なゴールを決めた!

  35. 入り口はいつも岐阜

  36. 一生花朗しか使わないのか
    まぁ強キャラだから勝率いいと思うよ

  37. 高橋一生ブームに乗っかれ

  38. 小学生の時に、サイン書いてもらったのよく覚えてる
    初めてのサインだったなぁ、懐かしい

  39. ヴェルディユースで菅野とか一柳とチームメイトだったよな確か

  40. 岐阜は金塊を掘り当てたようだ

  41. 当時の新潟では活きなかったけど、シンガポール以降の活躍はうれしいかったな。
    日本でも観てみたい。

  42. Twitterで情報収集する感じ琉球の練習参加してたっぽいから、
    落ちて次のトライアル先探してる感じだな。

  43. ※17
    なるほど弟ですか(笑)
    道理で聞いたことあると思ったんです

  44. ファラオ一世?

  45. 田中パウロ淳一
    イヨハ理ヘンリー
    中島ファラン一生

    だめだカオスすぎる

  46. >>26
    二重国籍なんじゃない?

  47. 中島なら在日枠だろ
    日本育ちなんだし

  48. ※47
    在日枠の要件をちゃんと確認してみたほうがいい。
    本当にその要件を彼がみたしてる?

    付け加えると,岐阜にはすでに在日枠の選手がいるんだよ。

  49. ※46
    日本は成人以降二重国籍は認めてない

  50. ※49
    国が認めてなくても本人が放棄の手続きしてなかったら、日本国籍持ってることに変わらない

  51. ※46 ※49 ※50
    やむを得ず長文になっちゃうけど,法律論で簡潔にまとめるのが適切なのでは?
    大前提として,日本法は多重国籍を認めておらず(22歳までに1か国選択。※49),一方でカナダ法はそれを認めている。
    そして中島ファラン一生の場合,22歳までの間に父親のイギリス国籍,母親の日本国籍,出生地のカナダ国籍,プレイしたシンガポール国籍の4つを取得してた。

    まず,カナダ法上は国籍の選択なんてする必要もなく,22歳のときにカナダ代表初選出(※46がカナダ法上の話を指しているならこれもまた正しい)。

    一方の日本法上の話だけど,22歳4か月時の雑誌のインタビューで,日本国籍保有を明言してる。
    これが日本法上で日本国籍を選択したのか(※9),それとも放棄の手続をしていないだけなのか(※50),それはわからない。
    前者はもちろんのこと,後者であってもこれから日本国籍を選択すれば,彼は日本法上日本人として扱われる。
    そして日本法上日本人であれば,Jリーグにおいても日本人選手となる。

    長文になって申し訳ないが,以上ですっきりするかと。
    「日本法上日本人で外国法上は多重国籍のまま」という点が初見だと不自然に感じるかもしれないけど,各国独自に法律をもってる以上そういうことが起きるのは当然のこと。
    報道で触れられることはないんだが,日本人サッカー選手にもこのケース(外国法上多重国籍)の選手はすでにかなりいるよ。
    さすがに彼のように4か国も持ってて,しかも外国の代表を選んだ事例は極めて珍しいけど(笑。

  52. シンガポール国籍持ってるなら提携国だから外国人枠に入らない??
    けど多重国籍の場合はどういう扱いになるんやろ??
    https://www.jleague.jp/sp/aboutj/player/

  53. 日本は「日本の法律の範囲で」二重国籍を認めていないだからな。
    書類でどうするか確認されるだけで、他国の国籍については証明も何もいらないよ

  54. Jの裁定はわからないけどね

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        人気のタグ

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ