ブログRSS

アンテナサイトRSS

栃木SCが2019シーズン新ユニフォームを発表 日本遺産に選ばれた栃木県の石材「大谷石」をイメージした模様に

栃木SCは12日、「2019シーズン栃木SC加入選手・スタッフ記者会見」および「2019シーズンユニフォーム発表会」を開催し、2019シーズン新ユニフォームを発表しました。
ユニフォームサプライヤーは昨年と同じアスレタで、デザインは昨年日本遺産の認定を受けた栃木県の石材「大谷石」をイメージしています。



[栃木公式]【2019シーズンユニフォーム概要ならびに販売について】
http://www.tochigisc.jp/info/10263
2019シーズンを戦うユニフォームの概要についてお知らせいたします。

■選手着用イメージ

img_26512_5c39ecda-6e6c-4b69-aa45-4208997e9163

img_26511_5c39eccc-8e78-47c6-af74-3d1a997e9163
<左から:GK 1stユニフォーム 石川慧選手/フィールドプレイヤー 1stユニフォーム 西谷和希選手/フィールドプレイヤー 2ndユニフォーム 西谷優希選手/GK 2ndユニフォーム 川田修平選手>

■ユニフォームサプライヤー

株式会社アスレタ
img_26468_5c301e8e-45bc-40ec-ae02-687a997e9163


■ユニフォームデザイン
img_26507_5c39ea3b-fc04-4e2c-b6bc-3654997e9163

■ユニフォームカラー
img_26508_5c39eaa2-f4f0-4e0c-abf7-36b2997e9163

■デザインコンセプト

<1st>
フィールドプレイヤーは鮮やかな蛍光イエローを採用し、Jリーグ加盟11年目を迎え、さらに前進する栃木SCのフレッシュさを表現しています。
全体のデザインは、昨年「日本遺産」の認定を受けた、ホームタウン宇都宮市が誇る『大谷石』をイメージ。
そしてシャツの肩から袖にかけてデザインされている1本のラインは、クラブに関わるすべての人々が一つに団結して前に進むことを表現しています。
ゴールキーパーの1stユニフォームはサックスブルー。昨年よりもより鮮やかなカラーリングにリニューアルしています。

<2nd>
2ndユニフォームのデザインは、選手達がピッチ上を縦横無尽に動き回る姿をアーティスティックに表現しています。ピッチを1枚のキャンバスに見立て、選手達の躍動感を表現した1枚の芸術作品に仕上げています。
フィールドプレイヤーはホワイトでクリーンさ、新たな歴史のスタートを表現。
ゴールキーパーはブラックでゴールを死守する強さを表現しています。
(以下略、詳細はリンク先で)







ちなみに、大谷石とはこんな模様の石材です。

000


ツイッターの反応

















53 コメント

  1. 1.

    まぶしい
    成績もまぶしくなってくれ

  2. 2.

    アウェイが洗濯前に見える

  3. 3.

    栃木のホームユニはいつもデザインにブレがなくて良いね!

    好き嫌いを超越した伝統だよ。サッカーユニはこうありたい。

  4. 4.

    何だこのFPとGKの身長の差は(笑)。

  5. 5.

    鎖骨埋まってて羨ましい。
    管理人さんの豆知識w

  6. 6.

    西谷弟がまだ未更新の状態で去年の西谷の番号つけたアウェイユニのアニキが先に出て来たから会場一瞬マジで西谷弟と勘違いしてたな。
    改めて見ると見分けつかんわ

  7. 7.

    大谷石好きとしては大谷石感はなんかちょっと、うーんて感じだけどユニはかっこいいと思う

  8. 8.

    大谷石「思ってたんとちゃう…」

  9. 9.

    とりあげられてるつぶやきに
    うちのサポが紛れてる

  10. 10.

    仏様書かれてるのかと思いますた

  11. 11.

    黒いGKユニかっこいい!肩のアスレタが目立つけど、それ以外はシンプルでいいな

  12. 12.

    ※7
    管理人ちゃんの出してくれた奴と比べると石って感じはないかな。
    言われてみると。

  13. 13.

    いつか大谷石の採掘場跡行ってみたいけど、こんな感じなのかぁ~(ぼけぼけ)。

  14. 14.

    さて今年は、千葉と黄色&双子ダービーだな

  15. 15.

    ブラタモリの影響だな。

  16. 16.

    守備崩壊したら大谷石みたいな守備とか言われしまう?

  17. 17.

    限定ユニフォームは平和観音をデザインだね

  18. 18.

    管理人さんの画像の石はキレイ過ぎるよ。

  19. 19.

    大谷石…穴だらけってことかな?

  20. 20.

    「大谷」にルビ振らんくて大丈夫かえ?

  21. 21.

    顔になるような選手の契約更改がこんな場だとサポ冥利に尽きるなあ

  22. 22.

    肩のアスレタのロゴは讃岐、秋田にも入っていたから今年のアスレタの仕様なんだろうね

  23. 23.

    栃木SCといえばこのカラーですね!

  24. 24.

    青色にとても親近感を感じますなぁ。

  25. 25.

    大谷資料館面白かったなぁ
    アウェイ観戦行ったらついでに行くべきだよ

  26. 26.

    大谷資料館是非行ってみてね!(スタジアムとは真反対だけどw)

  27. 27.

    これは蛍光イエロー互助会結成かな

  28. 28.

    大谷石と言われても???だけど、単純にユニのデザインはいいと思う。

  29. 29.

    分かりあう(求めあう)
    絆のなか~

    離さない(離れない)
    始まるDestiny~

    ひっそり喰霊零のアフィを
    期待してたのだけど
    流石に出なかったかー( ̄▽ ̄;)

  30. 30.

    大谷石にはミソという空洞化部分があって、それを避けて採掘すると、管理人の写真みたいな綺麗な断面になるんだよ。と、ブラタモリで知った。

  31. 31.

    大谷石はブラタモリで見たな

  32. 32.

    大谷石って脆くて崩れやすいんだけど
    縁起でもないとは思わんのかね?

  33. 33.

    大谷資料館は神
    お前らも是非行くべき

  34. 34.

    真面目に良いところだからアウェイの方々ぜひ一泊して大谷資料館行ってみてください!

  35. 35.

    大谷石vsみかげ石、石ダービーだ!

  36. 36.

    1stと2nd色が近すぎないか???

  37. 37.

    ※34
    栃木戦の日程が合わなかったとしても、
    水戸や大宮あたりなら十分射程圏内だよ~

  38. 38.

    泊まりがけで車で来るサポがいるなら日光もいいけど、鹿沼の超山奥にある古峯神社まで行って御朱印をもらうべし(笑)!

  39. 39.

    栃木なら喜連川の公営温泉とかもいいですよ(便乗)。

  40. 40.

    夏場の避暑地、大谷石資料館(入場料600円

  41. 41.

    大谷資料館マジお勧め。
    いろんなCMやPVで使われてるのでデジャヴ間違いなし。

  42. 42.

    徳川コカコーラも買ってね

  43. 43.

    室蘭大谷がどうしたって

  44. 44.

    大谷観音もいいぞ

  45. 45.

    大谷資料館来る人は、夏場でも上着を忘れずに
    そして土産は安価だけど使える
    大谷石コースターがオススメです

    そして大谷観音を
    勘違いする人がとても多いので注意。
    皆で写真撮ってるのは平和観音
    大谷寺の中にあるのが大谷観音です。

  46. 46.

    ここのコメント欄で既に大谷石の話題が出る時点で十二分にユニの効果があったな

  47. 47.

    大谷と言われると特撮のロケ地を思い浮かべる

  48. 48.

    GKとFWの二刀流選手がごろごろ出るんですか?

  49. 49.

    × オオタニ
    ○ オオヤ

  50. 50.

    筑波大から徳島に行く鈴木君は大谷中学校の出身ですね…小山市だけどw(紛らわし)

  51. 51.

    大地震で大谷資料館もしばらく閉鎖してたんだよね。
    去年久しぶりに行ったら坑内の演出がアップデートされてて良かった。
    思った以上に映画やPVの撮影に使われてるんだね。

  52. 52.

    大谷石って好きだけど、結構もろいから良いのかと思わなくもない
    後、管理人さんの画像よりクリーム色だと思う

  53. 53.

    まろにえ~るtv z で見た。

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        人気のタグ

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ