ブログRSS

アンテナサイトRSS

ドイツ・ボルシアMGのホームゲームに多数の人型ボード登場!サポーターの顔写真付きでスタンドに彩り

リーグ再開後の無観客試合に備えて、スタジアムに写真付きの人型ボードを設置する活動を進めていたドイツ・ブンデスリーガのボルシア・メンヒェングラートバッハ。
先月23日に中断明け初のホームゲームを行い、多数の人型ボードがスタンドに並べられていたのでご紹介します。



05

関連記事:
人型に切り抜いた厚紙をスタンドに並べてスタジアムに活気を!独1部ボルシアMGサポがリーグ再開後の無観客試合に向けて準備中
https://blog.domesoccer.jp/archives/60145559.html
無観客試合のスタジアムに活気を!アルビレックス新潟がサポーターの分身ダンボールをスタンドに掲出する「アルボールくん」企画を実施へ
https://blog.domesoccer.jp/archives/60147355.html




試合直前の本拠地のシュタディオン・イム・ボルシア・パルクの様子がこちら。

001

002

003



マスコットのユンターくんの姿も。

04



動画で見るとこんな感じ。
ゴール裏はかなり雰囲気が出てるんじゃないでしょうか。




あとはチャントや歓声が欲しいところですが、同じく無観客での再開を予定している英プレミアリーグでは、試合中継の映像にサッカーゲーム「FIFA20」内のサウンドを合成した副音声チャンネルを用意する案が検討されているそうです。
各国から無観客試合を盛り上げるためのいろいろなアイデアが出ているので、Jリーグでも積極的に取り入れていきたいですね。


[DailyMail]Premier League could take the incredible step of pumping out fake crowd noise from FIFA 20 video game to accompany live broadcasts – with vote set to take place on Thursday
https://www.dailymail.co.uk/sport/sportsnews/article-8374755/TV-plans-use-crowd-noise-FIFA-video-game-closed-doors-Premier-League-matches.html

001

58 コメント

  1. 1.

    ドイツの大宮

  2. 2.

    現実がゲームに追いついてきた感じ。

  3. 3.

    なんだこのマスコット!?

  4. 4.

    若干の狂気を感じるところがドイツらしくていいね。

  5. 5.

    ユンターくんが気になる
    けっこう可愛いかも(海外比)

  6. 6.

    大宮から世界へ

  7. 7.

    アルボールくんの方が好きだわ

  8. 8.

    ちょっと怖い

  9. 9.

    大津がBMGにいたことみんな忘れてないだろな?

  10. 10.

    今季のデザインが大多数を占めるんじゃなく、過去の様々なユニを着てるのが歴史を感じる
    色使いとか見た目の統一感は薄れるけど、せっかくの分身はお気に入りを着たいしね

  11. 11.

    ※9
    僕は忘れない

  12. 12.

    新潟もこんな感じになるのか

  13. 13.

    ※6
    隣のオレンジはチームよりも先に、段ボールが世界の舞台へ…

  14. 14.

    スーパーファミコンかな?

  15. 15.

    fifaの観客の歓声はかなり雰囲気あるからいいと思う

  16. 16.

    大宮が使用料とればぼろ儲けできるじゃん

  17. 17.

    イエーイ!イエーイ!

  18. 18.

    国際特許とっておけば…

  19. 19.

    あれからちょうど6年か

  20. 20.

    なんか抗議の横断幕があったとかなかったとか

  21. 21.

    机の引き出しに眠っていた、アマラオお面もしくはドゥトラお面を引っ張り出した人、正直に手を挙げよう!
     
    段ボールの顔にハメス・ロドリゲスしたくないか?

  22. 22.

    最先端をリードする大宮スタイル

  23. 23.

    始皇帝もサッカー好きだったが、墓だと誤解されたんだよ!

  24. 24.

    大宮は世界の先端だった。

  25. 25.

    大宮から世界へ

  26. 26.

    これ、選手笑っちゃったりしないのかな^_^;

  27. 27.

    世界的な流行を産んでしまったか

  28. 28.

    大宮さんのダンボール作戦でジャイアンツのユニが紛れてたの好き

  29. 29.

    ※23
    民明書房出版の「薩火唖の歴史」にも記載があったな
    その始皇帝がサッカーの達人と認めた人が後に日本に移り住んで名乗ったのが薩川姓

  30. 30.

    大宮が話題の中心になれるのダンボールだけ説

  31. 31.

    ※30
    マスコットもいるから大女王部!

  32. 32.

    日産スタジアムとかはコロナ関係なく常時有効な方法だと思う

  33. 33.

    ※29
    じゃあ柏にいた薩川は達人の血筋だったのか

  34. 34.

    マリノスも2万席くらい喜田さんのパネルで埋めよう

  35. 35.

    ※29
    それ正確には「スポーツ起源異聞」(民明書房刊)の中の「薩火唖の歴史」だ。あれだ、ゴルフの起源とか載ってるやつ。

  36. 36.

    ドイツのマスコットと言えば、やはりケルンのが好き。

  37. 37.

    韓国野球は客席にぬいぐるみ並べてるし、
    いっそ段ボール派VSぬいぐるみ派でダービーやろうぜ

  38. 38.

    これに静岡スピーカーでなら金出せる!

  39. 39.

    Youtubeに上がっている各クラブのチャント動画の音声を中継映像用に使用できたら最高なんだけどな

  40. 40.

    世界総ミーヤ化か

  41. 41.

    ※9
    正直全く覚えてないけど何か覚えておく必要性ある?

  42. 42.

    世界埼玉化計画 着々と進行中

  43. 43.

    ボルシアミーヤヘングラードバッハ

  44. 44.

    うちのスポンサー(アルボールくん作ってくれた会社)が
    「ボルシア1万ですって。  アルビなら超えられますよね!」
    って煽ってて笑った。
    OK、超えてやろうじゃねーか。

  45. 45.

    アルディ「世界の中心で愛を叫ぶ」

  46. 46.

    流石ミーヤ嬢
    世界を知っていたのか。

  47. 47.

    ※23
    めっちゃ笑った

  48. 48.

    ※29※35
    『スポーツ起源異聞』(民明書房刊)「薩火唖の歴史」にはその名手の子孫がチンギスハンの西方遠征の際に現地にそのまま残って、その後ドイツに行ったのがメルテザッカーの先祖と記載されていたな
    メルテは名流手=古代中国語で名手、ザッカー=薩火唖がラテン語読みに変化したもの

  49. 49.

    スタジアムで起きた事故の犠牲者みたいだ

  50. 50.

    ゲームの観客席みたいやな

  51. 51.

    マジで兵馬俑だな

  52. 52.

    台湾の野球リーグでぬいぐるみが日に日に増えていった話好き

  53. 53.

    ドリキャスの頃のサカつくってこんな感じだった気がするなあ
    観客みんな平べったかった

  54. 54.

    なんかおかしいと思ったら、客席の横幅の数だ。
    通路から通路まで30席以上あるぞ。
    こんなに通路出るまで遠かったらトイレどうするの?

    欧州ってそういえば40席とか50席横幅あるけど
    日本じゃ15席ぐらいでMAXなのにえらい違い。

    トイレどうするの欧州??

  55. 55.

    ※29
    去年の岐阜で
    ライアン「あ、あの人形は・・・」
    前田「知っているのか?ライアン」
    ってやり取りがあったとか、無かったとか

    尚、前田の出主豪雨留も載ってるらしいね。

  56. 56.

    ※54
    以前にイングランド行ったときは、人が通るときにはみんな立って通してあげてた。荷物もあんまり持ち込まないし、スタンドで何か食べることもしないからすぐ立てるんだよ。そういう習慣らしい。ただ通路が少ないから何かあった時に人が殺到して危ないんじゃないか、とは思った。

  57. 57.

    みんな大好き民明書房
    歳がばれるぜ
    20代、30代に通じるのか?

  58. 58.

    懐かしいね。商標とっときゃなーー!
    あの時まさかこんなことになるとは

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        人気のタグ

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ