ブログRSS

アンテナサイトRSS

FC岐阜、週刊少年マガジン連載作品「聲の形」とのコラボイベント開催を発表

FC岐阜は15日、週刊少年マガジン連載作品「聲の形」(こえのかたち)とのコラボマッチを7月12日のホーム横浜FC戦で開催することを発表しました。
作者の大今良時先生は岐阜県大垣市出身なのだそうです。



[FC岐阜]7/12(日)横浜FC戦「聲の形コラボマッチ」開催決定のお知らせ
http://www.fc-gifu.com/information/9215
7/12(日)横浜FC戦(18:00キックオフ)は、週刊少年マガジン連載作品「聲の形」とのコラボマッチを開催します!!
「聲の形」の作者である大今良時先生は岐阜県大垣市出身、「聲の形」の作中においては、大垣市の風景がモデルとなった背景が様々な場面で登場しており、FC岐阜のホームタウンの一つである大垣市と大変ゆかりの深い作品です。
試合当日は、「聲の形」と「FC岐阜」が軸となり、さまざまな分野とマルチにコラボしたイベントを以下のとおり開催予定です。各コラボの詳細は後日クラブホームページにてお知らせします。ご期待ください!(以下略、イベント詳細はリンク先で)


image


「聲の形」は、耳の不自由な少女・西宮硝子と、彼女を傷つけた少年・石田将也を中心とした物語。
別冊少年マガジン2011年2月号に掲載された読み切りを経て、2013年8月より週刊少年マガジン(ともに講談社)にて約1年3カ月にわたり連載されました。
昨年末に劇場アニメ化が発表されています(公開日未定)。


image


https://www.youtube.com/watch?v=mS_om5EK8YI





このコラボでは、作品のテーマに沿ったイベントが企画されています。

以下、コラボイベントの概要をざっくりとご紹介。
(詳細は必ずFC岐阜ホームページでご確認ください)




●大今良時先生スタジアムサイン会

「聲の形」作者の大今良時先生がスタジアムに来場!


●「聲の形」スタジアム原画展

試合当日は大垣市ホームタウンデーということで、漫画のモデルになった大垣市と協力して「スタジアム原画展」を実施。


●デフフットサル女子日本代表登場!

ろう者によるフットサル「デフフットサル」の女子日本代表選手が来場!

image


●合成音声技術を医療に活かす「日本語ボイスバンク ・プロジェクト」ボランティア大募集!

「日本語ボイスバンク・プロジェクト」とは、ALS等により後天的に声を失った方、もしくは声を失いつつある方が自然な声で会話できるように、元の声質・声色を再現する音声合成技術を医療に活かしたプロジェクト。

●スタジアム献血&骨髄ドナー大募集!

image


●「聲の形」×FC岐阜コラボグッズ登場!

グッズ詳細は後日発表!

image



ツイッターの反応






















※岐阜の献血啓発のローカルCM。女子高生A「今日、わたし誕生日!献血しよう!」 →女子高生B「駅前に献血ルームがあるよ!」 →女子高生A「じゃぁ、行こう!」





78 コメント

  1. 1.

    岐阜ちゃんのアニメコラボ第二弾作品がキター!

  2. 2.

    原作が鬱展開過ぎたんだがいいのかね(´・ω・`)

  3. 3.

    もしかして地味に岐阜がアニメコラボ回数一位なんじゃ・・・

  4. 4.

    漫画とのコラボって珍しいなと思ったけどアニメ化決まってるんだな

  5. 5.

    あ、いいなー

  6. 6.

    可愛荘とはコラボしないの?

  7. 7.

    うちもはよ

  8. 8.

    劇場版も控えてるということであれば、
    今後も継続したキャンペーンが期待できますね。

  9. 9.

    めっちゃ羨ましい…!
    何年かぶりにハマった漫画だったなぁ

  10. 10.

    のうりんの次は聲の形か。振れ幅広過ぎ笑

  11. 11.

    聾唖のサポーターは入場料無料とかやるの?

  12. 12.

    ALSって岐阜の社長さんがなった病気だっけ?
    社長さんの声がどうなのかはわからないけど、これは確かに「今のFC岐阜にしか成し得ない」コラボだね

  13. 13.

    のうりんの時も思ったが岐阜のコラボ企画がすごいのは単にグッズ作るとかじゃなくて関連するものを徹底的に呼ぶから地域貢献、社会貢献の部分もたっぷり入ってくることだよな。デフフットサルとかボイスバンクはALSも絡んでくるし。
    岐阜がこの数年で一番変わったのはこの企画力かも。

  14. 14.

    新作グッズに補聴器かな?

  15. 15.

    ヒロインくっそかわいい鬱漫画って印象
    マガジンだっけ

  16. 16.

    もっと集客が見込めそうなコラボの方がいいな・・・

  17. 17.

    20代後半以上の岐阜県民にしか分からないCMネタに
    さくっと解説を入れる管理人の有能さ

  18. 18.

    めちゃくちゃ羨ましい!
    画風に惚れて1巻を表紙買いしてみたらストーリーにハマって終盤は涙なしには読めなかった
    作品の題材に関する他競技とのコラボでお互いの競技周知につなげていく試みも素晴らしい

  19. 19.

    聾唖(ろうあ)がテーマの漫画だから、いろいろと規制があるTVアニメ化が難しい原作だね。けど、劇場アニメ化に向けたコラボも新しいカタチかも。

  20. 20.

    反応に困ったけど色々やるなら良いかもって思った

  21. 21.

    氷菓は言わずと知れた高山市だけど
    聲の形が大垣だってのは知らなかったな

  22. 22.

    こんなマンガがあって、しかも岐阜に関連してるとは知らなかった。
    とりあえず試合までに予習してみようと思うけど、井林か高秀先生あたりの書評が待たれる

  23. 23.

    アニメとサッカーのコラボ増えたなぁ
    あとは某声優野球ラジオのサッカー版が待たれるな!(声優でサッカーファン知らんけど)

  24. 24.

    これはなるほどと思った。
    このコラボでデフフットサルとか知ったし、岐阜さんはただコラボするだけでなく、サポーターとかにいろいろ知ってもらうための手を売ってる。
    ただ観客を呼ぶだけじゃないところで努力しているんだね。
    ※23
    アレかwww
    燕とトラのお姉ちゃんが大暴れしてて毎回30分で収まりきってない疑惑のあるあのラジオかwww
    男性でいいなら吉野裕行さんとか阪口大助さんとかはどうだろうか?

  25. 25.

    正直初めて行ってみたいと思ったコラボ企画
    でもこれ営業サイド的にどうなんだろうね?
    集客力とコストちゃんと釣り合いとれてんのかな

  26. 26.

    ※23
    阪口大助さんがアルビサポなのはそこそこ有名な話。
    貝原怜奈さんはうちでまるこの声あててる。
    山寺宏一さんがジェフサポだったはず。

  27. 27.

    ぐはああああ、マジですかあああああ!!
    こんないい作品とコラボとか羨ましすぎる。
    なにより、そのコラボイベント内容が素晴らしすぎる。
    グッズ売ったり声優さん呼んだりするだけじゃないところが
    もうね。のうりんのときも思ったけど、岐阜さん、コラボ
    においてはJのトップレベルだわ。

  28. 28.

    試合は勝たせてもらいますっ。
    スタジアム目の前の岐阜都ホテルも既に予約した、今から楽しみ♪

  29. 29.

    コラボできるものが多い岐阜さんや鳥栖さんが羨ましい

  30. 30.

    ※23
    なんとかって男性声優がうちのサポだって
    何かで見たけど名前は全く思い出せない

  31. 31.

    「日本語ボイスバンク ・プロジェクト」

  32. 32.

    7/8(水) のうりんコラボ(アニサカ)

    7/12(日) 聲の形コラボ
    1週間で2回やる岐阜ちゃんの本気

  33. 33.

    6月2日に放送されたNHKジャーナルの恩田社長の特集
    番組ホームページの「過去のピックアップ」ってところでまだ聞けるみたいですよ。
    合成音声技術のこと、誕生日のことも触れてます。

  34. 34.

    ※32←間違えました
    「日本語ボイスバンク ・プロジェクト」の内容にぐっと来た
    岐阜の社長は今この瞬間も戦ってらっしゃるんだもんな…
    スタジアムで献血ってのは悪くないアイデアの気がする
    まったり観戦のライトサポなら、身体への負担もあんまり無いんじゃないかと思うので
    やっぱり、費用とか人員の面を考えると難しいんだろうか

  35. 35.

    ギフフットサル…? (難聴

  36. 36.

    昔とっとちゃんが喋ってい……おっと誰か来たようだ

  37. 37.

    何なんやろこの企画力。
    他分野とコラボするだけですごいなと思うけど、そこからさらに関連するものまで巻き込むなんて。有能すぎませんか。
    アニメ、マンガだけとのコラボなら拒否反応を示す人がいても、これだけ幅が広ければそんなに嫌ではないやろうし。
    他サポやけど、遠出して行ってみたいな

  38. 38.

    骨髄ドナー大募集!とあるけど、気になった人はしっかり説明聞いて
    家族とも徹底的に話し合ってからね。

  39. 39.

    これは「アニ×サカ」の企画が大きな話題になっていたことで
    講談社側も乗り気になったのかもね
    今後もいろんな作品がコラボに協力してくれるといいが

  40. 40.

    作品終了してるのにコラボするのか
    と思ったらアニメ化するのね

  41. 41.

    企画を自チームを盛り上げるためだけでなく、地域・社会貢献につなげようとしてるのが伝わってくるから、応援したくなる
    恩田社長のコラムとか見てみると、実際そういうのを意識してるみたいだし
    愛知県民だけど今年から長良川生き始めたよ

  42. 42.

    ぐう名作

  43. 43.

    うちも高野苺先生のorangeあたりとコラボしてくれないかな?松本が舞台の好きな漫画なので。

  44. 44.

    タイトル見て「ん?」って思ったけど、趣旨見て納得。
    社長のこともあるしね。各チームも献血もそうだし、もっとこういう団体ともつながりを持つべきだね。

  45. 45.

    昨日は昨日でこんなのもスタジアムで流れてましたよ。
    http://www.nhk.or.jp/sg-project/sharemusic/fc-gifu/

  46. 46.

    名古屋舞台にした漫画なんかないか?
    ツルモク独身寮って、名古屋のシーンもあったよな。作者がカリモク出身だったからイケる。
    よし、名古屋とツルモク独身寮のコラボだ!!って知ってる人いないよね?、

  47. 47.

    これまたいい作品とコラボしたな
    絶対見に行くけどコラボの方だけじゃなく試合もいい結果を期待したいなあ
    昨日も見に行ったけどなかなかにひどい試合だったし、降格圏だし・・・

  48. 48.

    あんまりよく知らないけど、岐阜とコラボってことは「のうりん」みたいなノリのアニメってことでいいのかな?

  49. 49.

    ※49
    聴覚に障害のある子がヒロインです。
    内容はかなーり重めの恋愛ものです。
    テンションは180度逆です。

  50. 50.

    ※49
    全然違うので要注意
    つらーい気持ちになるけど良作だと思う
    アニメとコラボってだけでも、盛り上がりがあっていいけど
    こう言う、サッカー以外の活動にもつながるコラボもいいね

  51. 51.

    良コラボなので成功してほしい。勝ち点も出来れば…。

  52. 52.

    デフフットサルという競技があることを知ったことが今日最大の収穫だった。

  53. 53.

    ※39
    骨髄バンクのドナー登録ほどではないけど、この機会に初めて献血しようかと思う人も
    医師や看護師さん等スタッフの方々の説明を受けて、よく考えたうえで献血に参加してほしいと思う。
    多くて400ml血を抜くというのは、思ったよりも体に負担を掛けることですので。 体験者より

  54. 54.

    http://www.nii.ac.jp/research/voicebank/
    社長は既にこれを使ってます・・・。

  55. 55.

    このまえ、のうりんVSガルパン。でコラボしてたろ?
    次の企画があるのか?
    それより、近くの噴水のカルガモ親子驚かすなよ。
    近所のジイさんバアさんのアイドルやでな。

  56. 56.

    ※31
    宮野真守さん
    ガンダム00の主人公とかやってる方
    当方ガンヲタなだけのオッサンなんで、他はサッパリ判らんw

  57. 57.

    ここまで掘り下げたコラボもいいね。
    献血は一部ヲタはやりなれてるぞw
    水戸ではガルパンファイルもらえたんだよねw以前。
    (なお初めて献血者考えてる人は条件付きなので日赤HP等で確認を。
    あとエイズ検査は出来ねーからね)

  58. 58.

    岐阜ちゃんとこ地元アニメ豊富過ぎんだろ・・
    毎節違う作品とコラボできるくらい弾あるんじゃねーか?

  59. 59.

    ※47
     
    ツルモク懐かしいなぁ~。白鳥沢レイコの破壊力が毎回ドツボだったわ(^▽^)。何気に当時の流行だったテレンス・トレント・ダービーとか、ジーザス・ジョーンズとか出したりしてたよね。

  60. 60.

    ※47
    ツルモクはヒロインが名古屋出身で、メインの舞台は世田谷付近だったはず
    うちはアニメ漫画と縁の深い土地なのかね
    しかしのうりん以外の作品ともコラボするとは

  61. 61.

    こういった表面だけではないコラボレーションは良いですね。岐阜はアニ×サカも面白そうだったし、来年も一緒にJ2で戦いたい。
    障害者スポーツはいっぱいあるけど、どれも広くは知られていない。障害者への理解にしても、病気への理解にしても、まずは広く知ってもらう事から始まる。きっかけは漫画から、サッカーから、アニメから、色んなものがあると広く知ってもらえる。

  62. 62.

    何ていうかな、防災とか防犯とか、辛気くさくなりがちなテーマは、お祭り気分で集まれる場所でやるのが一番なのよ。
    そういう意味では、Jリーグはお祭りの場所を提供して何か大事なことを地域の人々に広める助けになると思うんよ。
    このマンガも、コンテンツだけを取り上げるんじゃなく、ろう者を知ってろう者と一緒に何かを楽しむ機会を提供する目的があるんでしょう。
    立派な事業だと思います。

  63. 63.

    「聲の形」を知ってふと思い出したんだが、
    俺が小学校1年生の時、初めて女の子(小4)に告白されたんだけど、耳が聞こえない子だった。
    俺は「耳が聞こえない?だから何」みたいな感じで、
    普通に遊ぶくらいしかしてあげられなかったけど、
    今になれば、それこそが一番難しく、あの子としても嬉しかったんだろうなと思う。
    もちろん2人でサッカーもした。
    ちゅーもされたけども、よくわからんかった。
    きちんとした支援学級がある学校に行った方がいいってことで転校していって離れ離れになってしまったが、
    幸せになれてるといいな。

  64. 64.

    サイン会があるのはいいな。ファンの人なら行きたくなるだろう

  65. 65.

    デフフットサルとか初めて知ったわ
    中々奥深いコラボやね

  66. 66.

    まさか高秀先生
    岐阜に呼ぶつもりか?

  67. 67.

    小林ゆうと川崎、清水愛と清水でなにかしらコラボさせてみたい

  68. 68.

    ※11
    7月から国の交付金を使って全席半額になります。その際に、いわゆる障害者割引は廃止になってますわ。

  69. 69.

    こういうコラボって実際にお客さんが増えたりしてるんだろうか?
    ※68
    小林画伯に色々書いてもらわないとな()

  70. 70.

    岐阜ではFC岐阜より県立岐阜商業の野球部のほうが人気あるっていう。。。笑

  71. 71.

    聲の形、大ファンです!!!
    ちなみに、「このマンガがすごい 2015 オトコ編」で1位、「マンガ大賞2015」で3位の作品です。良質な漫画が読みたい方、普段漫画なんて読まない方にも自信を持ってオススメできる良作です。
    岐阜まで遠征に行くことを考えたのですが、7月12日は休日出勤の日でした…。なんてことだ………(泣)。

  72. 72.

    こんな風にコラボできるのか、多くの人が書き込んでるけど素晴らしい企画だね。
    アビはブラインドサッカーの体験をときどきやってるな。
    ※64
    イイ話しだね。

  73. 73.

    聲の形読んでるけど設定が障害者なだけで
    なんの工夫もないただの恋愛漫画やで

  74. 74.

    県はずいぶんと支援してるんだね
    チケット購入したり助成金出したりバス無料にしたり
    一応宣伝
    6月28日は、岐阜市民なら先着で5000名様無料招待です

  75. 75.

    ※74
    読んでないのなら無理してコメントすんなバカ

  76. 76.

    背景がほぼ大垣市そのまんまの
    ある意味、地元密着型作品だもんな
    コアなファンがたまに聖地巡りしてるほど

  77. 77.

    岐阜サポ「おっ!また可愛い女の子のアニメとコラボか!一巻でも読んでみるか」

    岐阜サポ「・・・・」

  78. 78.

    知らないことが恐怖の原因なので、とにかく知る、触れることからスタートするためにはいいことだと思う。

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        人気のタグ

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ