ブログRSS

アンテナサイトRSS

【J2第30節 新潟×東京V】新潟が2度のビハインド追いつくも勝ち越せず 天敵東京Vと4連続のドロー

2020年 J2 第30節 アルビレックス新潟 VS 東京ヴェルディ

新潟 2-2 東京V  デンカビッグスワンスタジアム(9062人) 

得点: 藤田譲瑠チマ 鄭大世 端戸仁 本間至恩
警告・退場: マウロ 高木善朗 小池純輝

戦評(スポーツナビ): 
ポゼッションに特長を持つ両チームの対戦。新潟は序盤からボールをじっくりと保持して主導権を握るが、東京Vにわずかな好機を生かされて先制を許してしまう。それでも、流れを渡さずに押し込み続けると、CKから同点に追い付いて試合を折り返す。後半は、立ち上がりに東京Vに勝ち越しゴールを許してからオープンな展開となる。新潟は後半24分にまたしてもCKから同点弾を挙げるも、その後は東京Vの猛攻を受ける。幾度もピンチを迎えるが、守備陣が集中して守り切り試合終了。互いの良さを出し合った好ゲームは引き分けに終わった。



[Jリーグ公式]J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/
[Jリーグ公式]監督コメント
http://www.jleague.jp/match/2/2020/110118/coach/
[Jリーグ公式]選手コメント
http://www.jleague.jp/match/2/2020/110118/player/
[Jリーグ公式]レポート・動画
http://www.jleague.jp/match/2/2020/110118/recap/


002

010

005



[YouTube]ハイライト:アルビレックス新潟vs東京ヴェルディ 明治安田生命J2リーグ 第30節 2020/11/1
https://www.youtube.com/watch?v=4V17g60FbRU





ツイッターの反応





















41 コメント

  1. 1.

    1

  2. 2.

    終わりだな
    てか最後のバックパスなんだよあれ
    ラストワンプレーってわかってなかったのか?
    それとも第一にバックパスって染みついてしまってんのか?

  3. 3.

    本間至恩のゴールシーンのあの守備は笑っていいやつかな?

  4. 4.

    これで勝てないのはないわー
    失点が安い

  5. 5.

    序盤で得点出来なかったのが全てな気がする
    素晴らしい入りだったのになぁ

  6. 6.

    マリノスは本間至恩を獲得したら?
    たしか最優先補強ポイントは左ウイングでしょ
    ドンピシャじゃん

  7. 7.

    2-4ぐらいで負けててもおかしくなかった試合だがな…。うちの藤田が神ってた。

  8. 8.

    悲しいけど、
    ファビオがいなくなった時点で心は来期に向けている。
    今季の敗因は、社長とGMと選手の規律の部分にあるかなっと。

  9. 9.

    選手が足りません。

  10. 10.

    ※6
    絶対に売りません、
    1億でも売りません、
    ただし、今期のチームの負債分でしたら涙を呑むかもしれません。

  11. 11.

    ※10
    1億は安すぎる
    年齢と能力のギャップを考えたら5億は払う意思があるクラブもあると思うよ
    期待できる貢献量と海外移籍による移籍金とその後の育成貢献金を考えたら十分5億分の働きはしてくれるはず
    もちろん新潟さんは手放したくないだろうけど本人が来季もJ2で満足するかってところが問題だね

  12. 12.

    ジョエルがバレてしまう…

  13. 13.

    ※6 左は椿を戻すと思う。昨年キャンプでは渓太より評価高かったし。肩の手術後、フォーム戻すのに
    時間掛かったけど今季北Qさんでスタメンで試合出てるので自信つけて戻って来ると思う。

  14. 14.

    2点目の失点後だけど山下が故意ハンドしてカード貰うかなと思ったら下がった善朗がもらったでござる。
    入ってるからPKにはならないけどイエロー対象にならないよね?

  15. 15.

    ユニフォームにこれくらい青があった方がアルビっぽくて好き

  16. 16.

    小島はどうしたんだろう?藤田も神ってたけどさ
    ところでヴェルディには一生勝てない呪いでもかかってんのかぐらい勝てないね

  17. 17.

    ※12
    バレて無い訳がない

  18. 18.

    ※14
    俊輔がやった時の記憶としては
    ・ゴールに入っていないところで手で止めてたらレッド+PK
    ・ゴールの中で手で止めてたらゴール(カード無し)
    だったかな。その後ルール改正があるのかはしらぬい。

  19. 19.

    相手のハンドはレッドで退場じゃないの?

  20. 20.

    新潟には勝てないけど負けない。不敗記録が積み重なっていく喜びよりも、破られた時の衝撃の方が怖い。その後、ずっと負け続けたりして。

  21. 21.

    ※20
    ウチは良くも悪くもジンクスを破れないことに定評があるんだよね。
    浦和に勝てなかったりホームで鞠や川崎に負けなかったりしてた。
    鞠と川崎のジンクスは降格する近くの年で破られたけど。

  22. 22.

    テセさん最近ほとんどフル稼働してるけど大丈夫かな?

  23. 23.

    ボール持ちたいヴェルディさんでもアルビ対策してくる
    一方のアルビはいつも通りの無策、アドリブ頼みだから簡単にハメられる
    寄せ集め集団がやっていい戦術じゃないよ、これ

    あとラストプレー、前に蹴らずに試合を終えたのは本当に腹が立った
    スタンドもため息と怒りの声がかなり聞こえた

  24. 24.

    ※23
    アルビ対策ってほどのものはウチもやってないよ
    どんな相手でもまずは自分達のサッカーをやるのが第一優先

  25. 25.

    ※23
    前半あんだけヴェルディのビルドアップを刈り取りまくってて無策はさすがにないと思うけど

  26. 26.

    山下の猫パンチワロタ。
    ネットに当たらないゴールが珍しく2つもあって、お互いモヤモヤしますね。

  27. 27.

    ※23
    今年のサッカーを見てアドリブ頼みだと思うなら黙って2層からみて勉強したほうがいい。

  28. 28.

    今年ももう終わりか。色々あったなあ。

  29. 29.

    守備の連動がすぐ途切れるから無策やアドリブに見えるのかな
    ポッカリスペース開けてしまったりとかも見られるし
    守備面よりも攻撃面の方が重症に見えるが

  30. 30.

    ※13
    椿は北九州でサイドハーフだけど幅を取る役割じゃないのが気になるところ。

  31. 31.

    ※2 ※23
    ラストプレーは好んでバックパス選んだわけじゃなくて、その前のトラップミスが原因なんだよな。
    こういう大事な所で凡ミスするのは意図してバックパス出すより重症だと思う。

  32. 32.

    山下のハンド2回手出してるけど1回目はマテウスが先触って2回目はゴールライン割ってからだからセーフって事でナイスジャッジって事よ

  33. 33.

    うちはセットプレーほんと弱いわ

  34. 34.

    どちらももう負けられない、勝ち点3取らないとって感じの試合だった。

    ※30 元々外に張るのはユースから出来てるし、逆に内側でのプレー覚えてプレーの幅が広がるのはいい事じゃん。
    どっちも出来るにこした事はないし、気になる所は何か違うわ。

  35. 35.

    ※32
    ゴール後に手でボールを拾い上げる行為と同じ扱いだよね

  36. 36.

    悪くない試合続いてるが勝てんね
    この辺が今年の限界か

  37. 37.

    終戦かなぁ?

    来季はフロント、スタッフ、選手、そしてサポーターのトラブルや不祥事0でお願いします。

  38. 38.

    ※37
    それは無理なのでは………

  39. 39.

    パスサッカーってもっとパススピードが上がる瞬間がないと無理でしょ

  40. 40.

    対戦相手にすると改めて分かるけどこういうサッカーって選手の質が伴わないと怖くないんだなって…

  41. 41.

    ※25
    ただいつも前半の中盤までくらいしか攻守にやりたいこと出来ず攻撃は停滞守備は崩壊だと無策ではないけどとなってしまうよね
    対策してるんだろうけど今年はこれが限界なのかなとも思ってしまう

コメントする

サイト内検索

このサイトについて

管理人への報告・連絡はメールフォームからどうぞ。 ネタ投稿もお待ちしています。(広告掲載のご依頼はお断りしています)

メールフォーム

このサイトについて

  • RSS
  • Twitter
  • Facebook
  • 更新通知を受ける

人気記事

        人気のタグ

        カテゴリ

        月別

        おすすめサッカー記事

          ページ先頭へ